フィフス・ウェイブ

フィフス・ウェイブ

人類滅亡の危機で生き抜く若者たち

人気女優クロエ・グレース・モレッツが、地球外生命体の攻撃により人類が滅亡の危機に瀕した世界で、見えない敵と戦う孤独なヒロインを演じたSFミステリー。「アザーズ」と呼ばれる地球外知的生命体による4度の攻撃で、人類の99%が死滅した地球。生き残った女子高生キャシーは、離れ離れになった弟を救うため、さらわれた子どもたちが集められている基地へ向かう。アザーズはすでに人間に姿を変えて社会に紛れ込んでおり、誰が敵で誰が味方かもわからない。そんな状況のなか、旅の途中で出会ったある男性に助けられながら、キャシーは基地を目指すが…。

原題:The 5th Wave / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2016年4月23日 / 上映時間:112分 / 製作会社:GKフィルムズ、マテリアル・ピクチャーズ / 配給:ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント / 製作費:3800万ドル / 興行収入:1億900万ドル

★【スタッフ】
監督:J・ブレイクソン(関連作品:『アリス・クリードの失踪』)
脚本:スザンナ・グラント、アキバ・ゴールズマン、ジェフ・ピンクナー
撮影:エンリケ・シャディアック
音楽:ヘンリー・ジャックマン

★【キャスト】
クロエ・グレース・モレッツ、ニック・ロビンソン、ロン・リビングストン、マギー・シフ、アレックス・ロー、マリア・ベロ、トニー・レボロリ、マーク・ジョン・ジェフリーズ、テリー・セルピコ

【無料動画】

映画『フィフス・ウェイブ』予告編
The 5th Wave (2016) Behind the Scenes - Full B-roll

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【雑学(トリビア)】
・主な撮影はジョージア州アトランタで行われた。

★【感想・批評】

映画フリー (2016年5月10日) 
クロエ・グレース・モレッツ応援という想いで鑑賞。序盤の大スケールなディザスターシーンの迫力はすさまじく、津波的な流れは日本人の心にぐっさり突き刺さります。その後は、家族がバラバラになっていくというある種の王道展開。しかし、ここからまさかの要素が。もちろんこれが若者向けのヤングアダルト小説であれば、こういう展開も理解できますが、リアリティとしてはかなり弱いですね。そこを気にしないのであれば問題ないと思います。
SPACEMOV (2016年5月11日) 
要素てんこもりなSF。寄生することで人間の体と思考を乗っ取る設定は名作「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」など、たくさん見てきましたが、この映画もそこまでの目新しさはないです。こちらも名作の「ハンガー・ゲーム』」のように、2人のイケメンの間で揺れ動く乙女心。お約束の三角関係。これは胸キュン要素と呼ぶにはさすがに中途半端ですが、続編ありきの作品だったらしいので、制作者もいろいろ後悔があるのかもしれません。