リターン・トゥ・ベース

与えられた試練に全てが懸かっている

「スピード・レーサー」「ニンジャ・アサシン」でハリウッド進出も果たした韓国の人気歌手Rain(ピ)ことチョン・ジフンが、3年ぶりにスクリーン復帰を果たした本格スカイアクション。空軍特殊飛行チームに所属する凄腕パイロットのテフンは、航空ショーでトラブルを起こし第21戦闘飛行隊に異動させられてしまう。ある日、敵国の戦闘機がソウルに急接近し、第21戦闘飛行隊がこれを迎え撃つことに。激しい戦闘の末、なんとか平和を守りぬくテフンらだったが…。

原題:R2B / 製作:韓国(2012年) / 日本公開日:2012年12月1日 / タイム:114分 / プロダクション: / 配給:CJ Entertainment Japan

映画『リターン・トゥ・ベース』予告編

(C)2012 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】
LINK9【Gyao】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▼Gyao(登録必要なし)

▼『リターン・トゥ・ベース』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

緊迫感溢れるミッションを白熱のドラマで味わるスペクタクルな映画はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなサスペンスフルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く利用しましょう。ネット配信は簡単に動画を視聴するスタイルとしてスマホ世代に支持され、今では他の年齢層にも利用が拡大しています。まだ使っていない人でも安心です。初心者にもハードルが低いように設計されているので心配はありません。

お金の心配はそこまで必要はないです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法サイトは使ってはいけません。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「リターン・トゥ・ベース」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページでは作品ごとに個別に配信中のVODを整理しています。情報は基本的に記事更新日(ページ上部に記載)の状況をベースにしていますので、目安にするにはじゅうぶんな材料です。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

配信終了日時はおおまかにわかりますので、フリムビ2でも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はサイトで当日に確認するまでわからないのが現状です。「リターン・トゥ・ベース」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、とにかくスムーズに閲覧がしたいユーザーの気持ちを逆なでする酷いものもあり、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フリムビ2は安心安全をモットーに、「リターン・トゥ・ベース」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

『リターン・トゥ・ベース』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『リターン・トゥ・ベース』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:キム・ドンウォン
脚本:アン・サンフン

★俳優
チョン・ジフン、ユ・ジュンサン、シン・セギョン、キム・ソンス、イ・ハナ

★『リターン・トゥ・ベース』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.5 ??? 3.2
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『リターン・トゥ・ベース』の反応

●Mコメンテーター
飛行戦闘シーンはかっこよかった! スローモーションがうまく活用されてスピード感に溢れていたのでした! 最初の一時間はコメディ恋愛映画かと錯覚させる内容で苦痛でしたが、その後の緊迫感・戦闘シーンは迫力あります。 それにしても、日本映画だとここまでの迫力のアクション映画が少ないような気がするのが残念です。ストーリー的には、ベタな泣かせどころも織り込められていて平凡の域を脱しないものの、悪くはないクオリティ。
●Cレポーター
とにかく戦闘機同士の交戦シーンは一見の価値は十分にあった。このあたりの派手さに一点集中しているようなプロジェクトで、実際の韓国の評価は知らないがミリタリー向けなのかもしれない。現代機で映画を作るのは韓国を羨ましいと思ってしまう。日本は怪獣映画くらいでしか出てこないので、寂しい。このフラストレーションをミリオタはどこにぶつければいいのか。困ってしまうのです。それでも面白い映画を生み出すのは難しいですが。
●Sアナリスト
南北関係の映画は、コレでもかと出てくる韓国。その何本か見てきたが、今回のような空軍系は初めてだったし、クオリティーの高さにビツクリしました。中盤辺りから、北朝鮮にクーデターが勃発し、そのクーデターの戦闘機が韓国まで侵略してきて、当然ながら韓国の戦闘機も迎撃に当たるのだが、その時のドッグファイト、特にソウル市街地での交戦シーンはCGを駆使してのものだろうが、圧倒的な迫力に目眩を起こしてしまいそうだった。
●Bジャーナリスト
スカイ・ファイト。やるかやられるかの一騎打ち。男なら誰でも憧れるシチュエーション。ここだけでも絶対に見る価値あります。韓国版トップガンを明らかに狙っているのに、全然雰囲気は違う。ビジュアルくらいか。邦画でここまでのアクションは無理だろうと思ってしまうので、これでも凄いのが悔しい。友情、恋愛、空戦、強敵、仲間の死、そしてライバルとの共闘…全部突っ込んでもやはり熱いバトルが白眉になるのは言うまでもないのでした。