赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター

オーストラリア製のサメ映画

巨大人食いザメに襲われる人間たちの決死のサバイバルを描くパニック映画。ルークと友人のマットら5人の若者たちは、グレートバリアリーフでクルージングを満喫していたが、ヨットが暗礁に乗り上げ転覆。近くの島まで泳いで救出を待つことになるが、海にはどう猛なホオジロザメが巣くっていた…。

原題:The Reef / 製作:オーストラリア(2010年) / 日本公開日:2011年8月13日 / タイム:88分 / プロダクション:Atlas Entertainment / 配給:フェイス・トゥ・フェイス、ポニーキャニオン

映画『赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター』予告編

(C)2010 Screen Australia Screen NSW and Reef Films Pty Ltd.All Rights Reserved


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

いつもの楽しい日常のはずが一瞬で恐怖のどん底に突き落とされるスリラーパニックはじゅうぶん満足できるでしょう。そんなスリル満載のエンターテインメントをフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを有効に使いましょう。スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、ゲーム機器と自由自在に視聴スタイルを変更でき、忙しい世代でもライフスタイルに合わせやすいのが魅力。同じジャンルをまとめて検索できるのも嬉しいポイントです。

しかも、ユーザーにはハッピーです。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

違法サイトは使ってはいけません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

見て良かったと納得な作品から二度三度と見たくなる作品までVODは鑑賞意欲を増幅。これであなたも今日から映画マニアです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品もコロコロとめまぐるしく変化します。新しく配信されたり、配信が終了するものもあって、流動的です。「赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示バナー画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フリムビ2では質の高い情報を掲載しています。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

『赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:アンドリュー・トラウキ
脚本:アンドリュー・トラウキ
撮影:ダニエル・アルディエ
音楽:ラファエル・メイ

★俳優
ダミアン・ウォルシー=ハウリング、ゾー・ネイラー、エイドリアン・ピカリング、ガイトン・グラントリー、キーラン・ダーシー=スミス

★『赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター』のREVIEW

IMDb RT Mt
5.8 79% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 2.7
フリムビ2推奨度
C(まあまあ)

★『赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター』の反応

●映画の無料動画で夢心地
「オープンウォーター」と名の付くサメ映画はたくさんあるのですが、こちらは真面目なほうのオーストラリア製の「オープンウォーター」と覚えてください。邦題のせいでパクリ品に思えますが、普通のオリジナルなサメ・パニックであり、評価も高いしっかりした作品です。サメはCGなしの本物のサメを使っているらしく、生っぽいです。自分ならどうする話を延々できそうなところからも良質のソリッドシチュエーションホラーとして満足できるでしょう。
●Mコメンテーター
オーストラリアってサメの被害が多いらしいですけど、だからこそのリアリティなのか。この映画も迫力がありました。やはり本物を知っているのは大きいですね。日本もサメ映画を作ればいいのに、作れないのは、サメ被害が少ないからなのでしょうか。この映画が残念なのはパッケージで駄作臭がするのでそのせいで見向きもされないこと。サメをなかなか見せない演出など割と良いもので、久々に良いサメ映画を観たなという気分になれます。
●OPENLOAD
1983年に起きた事件を基に、多分の脚色を加えた映画。本当に犠牲者がいるだけに、笑うのは失礼だが、サメ映画といえばどうしてもB級要素を感じてしまう。でもこの作品は普通に良作。むしろクソなサメ映画が多すぎるのが問題だ。原題は「The Reef」。「オープンウォーター」というアメリカのサメ映画とは関係ない。日本の配給側はサメに喰われて死ぬべきだ。B級サメ映画でお約束のバカ市長やお色気もないのでそっちが観たい人はお帰り下さい。
●STREAMANGO
実話がベースになっているだけあってリアルな緊張感でずっとドキドキしながら視聴。20キロ先の島を目指し、ひたすら泳ぎ続けるって、常識的に考えて無理だよね。それともこの国の人はそれくらいの水泳能力は当たり前なの? ともかく怖いことには変わりない。サメが本気を出す展開も恐怖度MAX。ちなみに「赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター」を「オープンウォーター」シリーズと勘違いしている人もいるようだが、関係ないので誤解しないように。