不屈の男 アンブロークン

不屈の男 アンブロークン

日本軍に捕らえられた男の物語

アンジェリーナ・ジョリーの監督第2作。ローラ・ヒレンブランド著のノンフィクションを原作に、1936年のベルリンオリンピックに出場した陸上選手で、第2次世界大戦中に日本軍の捕虜になった米軍パイロット、ルイス・ザンペリーニの体験を描いた戦争ドラマ。1943年4月、ルイス・“ルイ”・ザンペリーニはアメリカ陸軍航空軍のB-24爆撃機の爆撃手として大日本帝国占領下のナウル島を爆撃する作戦に参加していた。

原題:Unbroken / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2016年2月6日 / 上映時間:137分 / 製作会社:レジェンダリー・ピクチャーズ、ジョリ・パ / 配給:ビターズ・エンド / 製作費:6500万ドル / 興行収入:1億6327万ドル

【無料動画】

映画『不屈の男 アンブロークン』予告編

(c)2014 UNIVERSAL STUDIOS


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

人類の負の歴史である戦争の中で必死に生き抜いて見せた人物に焦点をあてた映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く利用してみましょう。なによりも画質が重要なジャンルでも安心です。DVDと遜色のないハイクオリティな映像をテレビの大画面で観れば、スクリーンに負けない臨場感で満喫することも可能。初心者でも簡単に始められるので、試す価値ありです。

「お金がかかるよね…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作品まで、ズラッと並ぶ映画は魅惑的で、今すぐ見たくなります。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「不屈の男 アンブロークン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『不屈の男 アンブロークン』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:アンジェリーナ・ジョリー(関連作品:『最愛の大地』)
脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン、リチャード・ラグラベネーズ、ウィリアム・ニコルソン
撮影:ロジャー・ディーキンス
音楽:アレクサンドル・デプラ

★【キャスト】
ジャック・オコンネル、MIYAVI、ドーナル・グリーソン、ギャレット・ヘドランド、フィン・ウィットロック、ジェイ・コートニー

★【雑学(トリビア)】
・原作に「(捕虜たちが日本軍によって)儀式的なカニバリズム行為で生きたまま食べられたりした」という記述があることに批判が集まり、日本ではインターネット上で本作の上映中止を求める運動が起こった。なお、映画にはそのような描写はない。

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.2/1051%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.03.30/5.003.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【受賞】
第87回アカデミー賞の撮影賞・録音賞・音響編集賞にノミネート。

★【感想・批評】

●映画フリー 
これを見て、反日と思ったり、日本人でいることを恥じたり、そんな必要はまったくなく、これはたまたま日本であってどこの国でも起こっていたり起こりうる事態だったと受け止めればいいだけである。しかし、実際の内容はあまり煽るような描写もなく、結構淡々としたシーンも多い。そんな中でひときわ残酷性が際立つのは日本が米兵を拷問するシーンでもなく、空爆によって焼け死んだ日本の市民の姿だったりする。映画は目で見て評価すべきだろう。
●SPACEMOV  
アンジェリーナ・ジョリーは親日派なので日本を咎めようという意図はまるで感じない。MIYAVI演じる渡邉が美形すぎる以外の違和感はないだろう。序盤の墜落シーンの映像的な迫力はすさまじいし、そこからの地べたを這うような捕虜生活は一転して静かに描かれる。この映画は実話であくまでひとりのスポーツマンの人生を描いたものであり、いわばスポーツマンシップを表現している。敵を憎まず、正しい方法で理解し合う。その姿を見てほしい。