後妻業の女

後妻業の女

人間は金でどんどんダメになっていく

直木賞作家・黒川博行の「後妻業」を、大竹しのぶと豊川悦司の共演で映画化。「愛の流刑地」「源氏物語 千年の謎」の鶴橋康夫監督がメガホンをとり、資産を持つ独身男性の後妻に収まり、多額の金品を貢がせる「後妻業」を生業とする女の姿を描く。結婚相談所主催のパーティで知り合い、結婚した小夜子と耕造。2年後に耕造は死去するが、娘の朋美と尚子は、小夜子が全財産を受け継ぐという遺言証明書を突きつけられる。小夜子は、裕福な独身男性の後妻となり、財産を奪う「後妻業の女」で、その背後には結婚相談所所長の柏木の存在があった。一方、父親が殺害されたと考える朋美は、裏社会の探偵・本多を雇い、小夜子と柏木を追いつめていく。

原題:後妻業の女 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年8月27日 / 上映時間:128分 / 製作会社:ROBOT / 配給:東宝

【無料動画】
https://youtube.com/watch?v=vqvIxvyDb14
(C)2016「後妻業の女」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:鶴橋康夫(関連作品:『源氏物語 千年の謎』、『愛の流刑地』)
脚本:鶴橋康夫
撮影:柳島克己
音楽:羽岡佳

★【キャスト】
大竹しのぶ、豊川悦司、尾野真千子、長谷川京子、水川あさみ、風間俊介、余貴美子、ミムラ、松尾諭、笑福亭鶴光

★【インタビュー】
・大竹しのぶ「真千子ちゃんのことを、本気でビンタしてしまいました。でも本気の方がヘンな角度で当たらず、痛みも和らぐので。あのシーンは長回しで、キャストもスタッフも全員、とりわけ緊張感を持って挑んだんです」
・大竹しのぶ「(エンディングの歌は)わたしはレコーディングのときは小夜子に殺されていった男たちを想いながら歌いました。人生の最後は、楽しかった?って」

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
実際には常識的に考えてとんでもない犯罪なんですが、そこを上手くコミカルにまとめていてお見事。倫理的にはアウトなラインを余裕で越えているのに、笑ってしまうのはあまりにも登場人物が突き抜けているから。文句を言うのもアホらしいじゃないですか。後妻業という暴挙の傍ら、浮彫となる親類のそれぞれの距離感。老々介護で共倒れ、誰も身寄りが無く孤独死と言ったように結構社会問題が取り巻いているのでそこもバランスですね。
●映画FUN  
クライマックスのあの空いた口が塞がらない場面はまさに名シーンです。役者陣の文字通り体を張った演技も見ごたえあり。ひょんなことから啖呵を切ったように暴言吐く大竹しのぶの暴走。怖い。こんな人が本当にいるならこれはこれでちょっと見てみたいけど、会いたくはない。鶴瓶と大竹しのぶの絡みという誰も得はしないこのシーンをどう受け止めればいいのか。私たちは試されているのかもしれない。この横暴な詐欺女に。映画さえも。