現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

レッドタートル ある島の物語

世界が称賛した細部までにこだわったアニメーション

2000年に発表した短編「岸辺のふたり」でアカデミー短編アニメーション賞を受賞したオランダのマイケル・デュドク・ドゥ・ビット監督が、8年の歳月をかけて完成させた初長編作品。スタジオジブリが、同社としては初となる海外作家の映画製作に参加し、高畑勲監督がアーティステックプロデューサーとして、シナリオや絵コンテ作りなどに関わっている。嵐で荒れ狂う海に放り出された男が、九死に一生を得て無人島に漂着する。男は島からの脱出を試みるが、不思議な力で何度も島に引き戻されてしまう。そんな絶望状況の中、男の前にひとりの女が現れ…。

原題:The Red Turtle / 製作:フランス(2016年) / 日本公開日:2016年9月17日 / タイム:81分 / プロダクション:プリマ・リネア・プロダクションズ / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:280万ドル

La Tortue rouge - The Red Turtle - la bande annonce du film

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼『レッドタートル ある島の物語』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

手書きの美しいアニメーションは見ているだけで美術館にいるような気分に浸れます。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを利用できないか検討してみましょう。DVDをレンタルするのもいいですが、マイナー作品ならば探すのも一苦労。パッケージディスクを手にする前にウェブサイトにアクセスして動画を見れないかチェックするのは難しいことではありません。今すぐにでも実行できるのでお試しあれ。

利用料は親切設計。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツは問題外です。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

ビックリな作品からフレッシュな作品までVODはオール完備。最高の体験は意外に簡単に手に入るのですから病みつきです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者の「これを観たい」と熱望する作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「レッドタートル ある島の物語」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示バナー画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

パスワードは強固にしましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、容易に推測不可能なパスワードの設定(住所や誕生日などはなおさらアウト)、パスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全な「レッドタートル ある島の物語」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。海外の調査機関による研究によれば、フィルタリングやブロッキング、サイトの取り締まりなどの従来的な規制に頼った対策よりも、より魅力的でユーザーを夢中にさせる安価なサービスを普及させることの方が、有効であるというレポートも発表されています。まさにVODはそのパイオニアであり、不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「レッドタートル ある島の物語」合法視聴方法を拡散しましょう。

『レッドタートル ある島の物語』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『レッドタートル ある島の物語』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:マイケル・デュドク・ドゥ・ビット
脚本:マイケル・デュドク・ドゥ・ビット、パスカル・フェラン
アーティスティックプロデューサー:高畑勲

★俳優
---

★豆知識
・本作の製作のきっかけは、マイケル・デュドク・ドゥ・ビットの作品『岸辺のふたり』を宮崎駿が紹介された2006年に端を発する。

★『レッドタートル ある島の物語』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.5 93% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.2 ??? 3.5
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『レッドタートル ある島の物語』の受賞
第69回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門で特別賞を受賞。
第44回アニー賞でインディペンデント作品賞を受賞。

★『レッドタートル ある島の物語』の反応

●無料ホームシアター 
テレビアニメに対して「作画が良い」なんてほめ言葉がありますが、本作のそれは比べものにもならない別次元です。一体どれだけの執念が詰まっているのか、想像もできないですが、それでも成し遂げたことに喝采を送りたい。この作品は声がないのです。つまりキャラで見せることは一切していない。そこで絵だけで通すというのは、今のキャラ萌えありきの日本アニメ界に対するひとつのアンチテーゼになるくらいのチクリとした棘ですね。
●Mコメンテーター 
商業的な映画とは全く異なっている作品ですが、こういうアニメーターが持つ技術をちゃんと評価しないと、アニメ業界はダメになっていく…。商業主義の裏で日の目をみないアニメーションの本質をみた気がします。やはりアニメは動かすことに価値があって、そこに職人の想いが籠るもの。観てください、今作のまるで本物のような繊細で緻密な動作の数々。それ自体の芸術性を評することができないのならば、日本の批評家の目は死んでいますね。
●STREAMANGO 
公開当時はこれを駄作だ失敗作だとバカにして煽るまとめサイトが氾濫してそれは見苦しいものでした。ジブリだから余計に反応が大きいのでしょうけど、本当に恥ずかしい醜態でした。一方で、海外ではその才能に絶賛の声が多数。それはそうです。この差が今の日本と海外の現状を物語っているのでしょう。アニメを商業的な売りものとしてみるか、アクセス数を集めるためのネタとしてみるか、それともひとつのアートとしてみるか…大事です。