アンストッパブル

無人貨物列車が暴走!

『クリムゾン・タイド』『デジャヴ』『サブウェイ123 激突』でタッグを組んできたトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンが、実際の列車暴走事故をもとに映画化したアクション大作。米北東部のペンシルバニアで、大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した最新式貨物列車が、整備ミスにより暴走してしまう。ベテラン機関士のフランクは、初めてコンビを組むウィルとともに暴走列車を止めようと奔走する。

原題:Unstoppable / 製作:アメリカ(2010年) / 日本公開日:2011年1月7日 / タイム:99分 / プロダクション:Dune Entertainment / 配給:20世紀フォックス

映画『アンストッパブル』予告編

(C)2010 TWENTIETH CENTURY FOX


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼Hulu(2週間無料)
海外映画のラインナップはナンバーワン級の多さ。新作・旧作関係なく、全てが見放題。迷いません。大人から子供まで楽しめます。
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼auビデオパス(30日間無料)
毎月540円相当のビデオコインがもらえるので、実質ではかなりのお得度。常に映画を観たい人には最高です。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『アンストッパブル』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスを手に汗握って観てしまうのは面白さの特徴です。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に観るなら、人気も増えている動画配信サービスを用いましょう。ネット配信はメリットも多く、レンタル店でDVDを借りるよりも非常にラクチン。外出先で見るならスマホ、ながら作業で見るならパソコン、大画面で見るならテレビ、持ち運びするならタブレット、自由自在に楽しめます。

利用料は親切設計。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

違法サイトは使ってはいけません。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「アンストッパブル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

字幕でも吹き替えでもオールオッケー。その形態はサービスによって異なるのですが、片方だけのものもあれば、両方から選択できる場合も。中には英語字幕をチョイスできたりもするので、語学学習に使う人もいます。「アンストッパブル」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

フリムビ2は作品リスト機能も完備。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「ウォッチリストに登録」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページで確認することができます。「アンストッパブル」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

『アンストッパブル』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『アンストッパブル』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:トニー・スコット(関連作品:『サブウェイ123 激突』)
脚本:マーク・ボンバック
撮影:ベン・セレシン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

★俳優(キャラクター)
デンゼル・ワシントン(フランク・バーンズ)、クリス・パイン(ウィル・コルソン)、ロザリオ・ドーソン(コニー・フーバー)、イーサン・サプリー(デューイ)、ケビン・ダン(ガルビン)、ケビン・コリガン(ワーナー)、ケビン・チャップマン(バニー)、リュー・テンプル(ネッド)、T・J・ミラー(ギリース)、ジェシー・シュラム、デビッド・ウォーショフスキー

★『アンストッパブル』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.5 ??? 3.5
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『アンストッパブル』の反応

●Mコメンテーター  
無人の暴走列車を止めるという映画創成期からあるような伝統的プロットを全く古いものに感じさせないトニー・スコットの確かな演出力。「サブウェイ123」ではあまり動かなかった列車が主役で、スクリーン狭しと盛大に思う存分大暴れ。政治的な主導権争いなどドラマは最低限の描写に留め、現場でのアクションに徹する振り切った姿勢が美しい。どんな国の人間でも老若男女問わず誰でもハラハラする映画が作れるなんて意外と難しいのじゃないだろうか。
●OPENLOAD 
些細なことでミスは起こるというフラグの立て方がよくわかる映画です。猛スピードで走る無人貨物列車という舞台でのまさにジェットコースター・ムービー。クリス・パインとデンゼル・ワシントンのコンビも素晴らしかったなと思います。途中まで足手まといだったクリス・パインが覚悟を決め、そこからデンゼル・ワシントンと入れ替わり立ち替わり活躍するところなど、テンション上がるポイントも多い! 気楽に見られる娯楽作ですね。
●SPACEMOV  
いつだって危機を救うのはプロフェッショナルと呼ばれる人たち。本作で言えば、デンゼル・ワシントン演じる機関士。映画は実際に起きた「CSX8888号暴走事故」を題材にしているとのこと。事故が起きた経緯を考えると、アメリカのルーズなシステムに底知れぬ怖さを感じます。本当に映画どおりではないのでしょうけど。しかし、日本だって暴走事故はないものの、悲惨で凄惨な脱線事故はありますからね。それを思うと全く他人事ではありません。