現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

高地戦(韓国映画)

朝鮮戦争、最後の日。戦った者の物語

「映画は映画だ」「義兄弟」のチャン・フン監督が、朝鮮戦争の高地戦を壮大なスケールで描き、2011年韓国で大ヒットを記録した戦争アクションドラマ。1953年、朝鮮戦争の停戦協議は難航し、南北の境界線を争う高地では、領地を奪っては奪い返す激しい攻防が続いていた。そんなある日、韓国諜報隊員のカン中尉は、激戦区のエロック高地に人民軍の内通者がいるという情報を詳しく調査するため、現地に赴く。カン中尉はそこで、かつての学友スヒョクと再会するが、心優しい青年だったスヒョクは過酷な戦場で変わり果て、冷徹な人間になっていた。地獄のような日々が続く高地で、兵士たちは一刻も早い停戦だけを願って生き続けていたが、ついに極限を超えた日が訪れる。

原題:The Front Line / 製作:韓国(2011年) / 日本公開日:2012年10月27日 / タイム:133分 / プロダクション: / 配給:ツイン

映画『高地戦』予告編

(C)2011 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND TPS COMPANY ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】
LINK9【Gyao】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼Gyao(登録必要なし)

▼『高地戦』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

歴史の中で運命的な出会いと対峙を果たす激動の人間模様を描いた作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなエネルギッシュな映画をフルビデオでシネマ体感するなら、動画配信サービスを用いるのが良いです。レンタル店でDVDを借りることでも基本は問題ありませんが、ネット配信はさらにラクチン。サービスによっては登録いらずで利用開始できるものもあるので、試しにウェブサイトにアクセスして動画を見れないか確認するだけでも無駄な労力を回避できます。

しかも、スタートはラクチン。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

違法サイトは使ってはいけません。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。でも、少し注意です。「思い切って登録したけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないように充分に慎重に留意しけなければなりません。「高地戦」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページでは作品ごとに個別に配信中のVODを整理しています。情報は基本的に記事更新日(ページ上部に記載)の状況をベースにしていますので、目安にするにはじゅうぶんな材料です。フリムビ2ではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「高地戦」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。意外に簡単に解決するかもしれません。

大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、動画が途中でいきなり別画面に切り替わって大音量の鬱陶しい映像宣伝が流れ始めたり、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フリムビ2は安心安全をモットーに、「高地戦」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

『高地戦』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『高地戦』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:チャン・フン
脚本:パク・サンヨン
撮影:キム・ウヒョン
音楽:チャン・ヨンギュ、タルバラン

★俳優
シン・ハギュン、コ・ス、イ・ジェフン、イ・デビッド、リュ・スンス

★『高地戦』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.4 67% ??
映画.com Yahoo! Fm
4.2 ??? 4.0
フリムビ2推奨度
S(最高)

★『高地戦』の反応

●無料ホームシアター 
結末が胸糞悪い話だった。戦争映画だから清々しいラストなんて期待してないが、予想より遥かにズシーンとくる。でも笑えるシーンもあるし、人間ドラマもあるし、凝った構造してるし、観てよかった!鉛筆で境界線を引くシーン。この映画を観る前と観た後の重み違いすぎる。あと最後アイツを刺す時のあの表情、視線はたまんない…つらい。「戦争って一体何と戦う事なんだ?」という問いかけを大量の死体で見せる、重量感のある一作。
●Cレポーター 
戦闘シーンは迫力あり、ゴア描写もしっかりあり、仲間の無残な死ありで、いろんな意味で見応えがありました。歴史に残る名作。この映画を語らずに戦争映画は語れないだろう。単なるドンパチでもなく、意外なサスペンスもありつつ、最後は戦争というものの無慈悲さを強烈に見せつける。これはもう感情を揺さぶられるなんてものじゃない。間違いなく韓国映画の中でも最高峰の戦争傑作だと思います。これを観ずに韓国フィルムは語れません。
●Sアナリスト  
相変わらず韓国映画、容赦なし。現実を厳しく描いています。ベトナム戦争しかり、朝鮮戦争しかり、戦争を知らない世代だから命をさらけ出す戦争がどれだけ悲惨なことか物語でしか知り得ません。誰が悪い、誰が正しい、とか言ってられない、自分が生き残るには相手を殺すだけ、それも敵味方構わず…という現実をまざまざと見せつけられます。どうしても仲間内で殺し合うという運命からは逃げられないという呪いのような生き様に涙を隠せません。
●Bジャーナリスト
上級将校が、休戦ラインを、地図の上に鉛筆で無造作に引くシーンがあります。1本の線ですが、その線を巡って、名もない兵士、それも同じ民族どおしが、殺し合っている現実があります。敵と味方どおしで、いつの間にか、心が通じ合い、友情が生まれそうになりますが、国と国との意地の張り合いで、壮絶な白兵戦、無情な狙撃戦を繰り広げることになります。身を切るような歴史の実感があるからこそ、韓国映画ならではのリアル感でしょう。