STAND BY ME ドラえもん

STAND BY ME ドラえもん

国民的アニメが3DCGに! みんながドラ泣き!

藤子・F・不二雄生誕80周年を記念して製作された「ドラえもん」シリーズ初の3DCGアニメーション。原作から厳選されたエピソードを再構成し、ドラえもんとのび太の出会いから別れまでを描いた。何をやらせても冴えない少年のび太のもとに、22世紀の未来から、ネコ型ロボットのドラえもんがやってくる。のび太の孫の孫にあたるセワシが、ご先祖様であるのび太の悲惨な未来を変えるために送り込まれたドラえもんだったが、当のドラえもんはあまり乗り気ではない。セワシはそんなドラえもんにやる気を出させるため、のび太を幸せにしない限り22世紀に帰ることができないプログラムを仕込む。かくしてドラえもんは仕方なくのび太の面倒をみることになった…。

原題:STAND BY ME ドラえもん / 製作:日本(2014年) / 日本公開日:2014年8月8日 / 上映時間:95分 / 製作会社:白組、ROBOT、シンエイ動画 / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:83.8億円

【無料動画】

[STAND BY ME ドラえもん]予告篇3

(C)2014「STAND BY ME ドラえもん」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

世代を超えて末永く愛される作品はそれだけの魅力がキャラクターや世界観に詰まっている証明です。そんなエネルギッシュな映画をお得に観るなら、動画配信サービスを使いましょう。よくありがちなのがレンタル店でDVDを借りたあとに、ネット配信の事実に気づいてしまうことです。そうなるといろいろな苦労が無駄に思えてくるので、しっかり入念に下調べをするのが最適です。もし配信があれば、すぐにでもどこでも視聴をスタートすることができます。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「STAND BY ME ドラえもん」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フリムビ2は無意味な誘導リンクはゼロです。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、原則的にクレジットカードを登録するのが前提になっています。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「子どもに見せられない作品が表示されたら、どうしよう?」という問題です。しかし、その点は親切機能でカバーできます。ファミリーアカウントを活用すれば、R指定作品(R18・R20)や成人向けコンテンツを表示しないことも可能。また、複数アカウントで同時再生できるので、ひとりはスマートフォンで、もうひとりはノートパソコンで、別のひとりは大型テレビで、同時に別作品を鑑賞もできます。喧嘩もせずに平和に楽しみを分かち合いましょう。

『STAND BY ME ドラえもん』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:八木竜一、 山崎貴
脚本:山崎貴
音楽:佐藤直紀
主題歌:秦基博

★【キャスト】
水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一、松本さち、萩野志保子、三石琴乃、松本保典、田原アルノ、竹内都子、山崎バニラ、妻夫木聡、北村謙次、児玉明日美、後藤光祐、佐藤美由希、寺島惇太、天神林ともみ、まつだ志緒理、三木美、Lynn、渡辺拓海

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.5/5.0???/5.003.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画フリー  
どのストーリーも有名な話だけど、やっぱり何度見ても泣けます。ドラえもんとのび太の友情もその周りの仲間も全部含めて実に心温まるものばかりです。あまりにも泣けるエピソードのオンパレードで狙いすぎなところも否めませんが、心が汚れきった大人が浄化するための精神安定ヒーリング・ムービーなんです。一番泣けたのはベタですけど、未来のしずかちゃんが結婚式前夜にお父さんと語り合うシーンでしょうか。やはり日本人の心に響くね。
●BILIBILI 
ドラえもん登場から始まり、「結婚前夜」、「帰ってきたドラえもん」と盛りだくさんの内容。膨大な話を超いいとこどりでギュッと詰めましたみたいな感じ。「のび太の幸せ=しずかちゃんとの結婚」と安易にしてしまうのはどうなんだと思ったけど、それ以外の道を提示するのは、逆にドラえもんらしくもない気もして、難しいなと思ったり。最後ドラえもんが帰ってきたのは原作ファンに対するファンサービスか、それとも続編を作るための布石なのか。
●CRUNCHYROLL 
のび太は相変わらずのクズ野郎だけど、相手の事を考えて、嬉しい時は自分の事のように喜び、悲しい時は一緒に悲しんでくれる、そんな人となりをしずかちゃんのお父さんは大人の視点から分かっていて、だから2人の結婚を祝福してくれる。この優しに感動してしまう。ただ、思ったのはのび太がジャイアンの暴力にもひたすらくじけず前向きになるシーンがカットされてしまうこと。時代の流れとしてしょうがないとはいえ、なんだか悲しいなぁ。
ドラえもん

★【劇場版 ドラえもん を総復習!】

  • 第1作『のび太の恐竜』
  • 第2作『のび太の宇宙開拓史』
  • 第3作『のび太の大魔境』
  • 第4作『のび太の海底鬼岩城』
  • 第5作『のび太の魔界大冒険』
  • 第6作『のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)』
  • 第7作『のび太と鉄人兵団』
  • 第8作『のび太と竜の騎士』
  • 第9作『のび太のパラレル西遊記』
  • 第10作『のび太の日本誕生』
  • 第11作『のび太とアニマル惑星(プラネット)』
  • 第12作『のび太のドラビアンナイト』
  • 第13作『のび太と雲の王国』
  • 第14作『のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)』
  • 第15作『のび太と夢幻三剣士』
  • 第16作『のび太の創世日記』
  • 第17作『のび太と銀河超特急(エクスプレス)』
  • 第18作『のび太のねじ巻き都市(シティー)冒険記』
  • 第19作『のび太の南海大冒険』
  • 第20作『のび太の宇宙漂流記』
  • 第21作『のび太の太陽王伝説』
  • 第22作『のび太と翼の勇者たち』
  • 第23作『のび太とロボット王国(キングダム)』
  • 第24作『のび太とふしぎ風使い』
  • 第25作『のび太のワンニャン時空伝』
  • 第26作『のび太の恐竜2006』
  • 第27作『のび太の新魔界大冒険 ~7人の魔法使い~』
  • 第28作『のび太と緑の巨人伝』
  • 第29作『新・のび太の宇宙開拓史』
  • 第30作『のび太の人魚大海戦』
  • 第31作『新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』
  • 第32作『のび太と奇跡の島 ~アニマル アドベンチャー~』
  • 第33作『のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』
  • 第34作『新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~』
  • 第35作『のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』
  • 第36作『新・のび太の日本誕生』
  • 第37作『のび太の南極カチコチ大冒険』
  • 第38作『のび太の宝島』

サイトについて

シェアする

フォローする