エターナル・マリア

エターナル・マリア

AVの世界で私は生きていく

紗倉まな、星美りか、丘咲エミリら人気AV女優7人が1人の主人公を演じ、上京してAVの世界に足を踏み入れた女性が、人気AV女優へと登りつめていく過程で巻き起こる人間模様を描いた。映画の助監督を務める傍ら、グラビアやヌードイメージ作品などに携わってきた阪本武仁監督が、これまでに知り合った多くの女優から聞いた実話をもとに、シナリオを執筆した。田舎から東京へやってきてAV女優の仕事をするようになったマリア。付き合っていた男がストーカーになるなどトラブルに見舞われる一方で、出演した作品が評価され、人気女優になっていく。しかし、知名度が上がるにつれ、今度は故郷の弟が学校でからかわれるようになり、心配した母親が何度も電話してくるといった問題も発生。思い悩むマリアだったが…。

原題:エターナル・マリア / 製作:日本(2015年) / 日本公開日:2016年6月8日 / 上映時間:70分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『エターナル・マリア』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼DMM見放題chライト(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
DMM

▼無料動画を見る方法▼

人間の欲望は目に見えないものですがそれをドラマチックに映像化するのが映画のパワーです。そんなエネルギッシュでセンセーショナルな作品を観たいときは、まず動画配信サービスで見れないか検討してみましょう。これはネット配信なので、レンタル店でDVDを借りることよりも気軽に視聴できるので最良の方法です。人目を気にすることなくプライベートな空間で邪魔されずに鑑賞できるのも嬉しいところ。アダルトな作品を見れるサービスもあります。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「エターナル・マリア」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『エターナル・マリア』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:阪本武仁
脚本:阪本武仁、中愛太郎
撮影:戚世
音楽:立山大

★【キャスト】
紗倉まな、星美りか、板野有紀、丘咲エミリ、武藤つぐみ、長谷川しずく、檸檬

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.002.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
主演した紗倉まなはご存知AV女優。この映画「エターナル・マリア」で映画初主演を務め、アクション映画「KARATE KILL カラテ・キル」では主人公の妹役を演じるなど活躍の幅を拡大させています。さらに2015年、自伝的エッセイ「高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職」がヒットし、2016年には小説「最低。」を発表するなど文筆活動も行っているんどマルチな才能を見せる彼女。そんな紗倉まなにとって最高の舞台でした。
●映画フリー
ある分野ではトップに輝いた紗倉まな。おそらくこの映画の出演は映画初主演という実績以上に大きいものだったのではないでしょうか。ある意味、AVという職業を総括しつつ、批評するような作品ですから。その点においても非常に貴重で価値のある映画だったと思います。フィルモグラフィとしては言うまでもなく、いつもの世界ではないこの別の演技という世界でも魅力が変わらないのは、持っているからなのでしょう。
●BILIBILI 
本作は、7人の女優たちが1人の主人公を演じる前代未聞の実験的意欲作品。主演には、AV業界で人気を集める紗倉まな、星美りか、丘咲エミリ、板野有紀、武藤つぐみ、長谷川しずく、檸檬。相手役には、昭和芸能舎のゆかわたかし、文学座の釆澤靖起、劇団子供鉅人のキキ花香、範宙遊泳の大橋一輝、西村順子、栗林里莉、山田伊久麿、河野智典らが出演。監督はこれがデビュー作となる映像作家の阪本武仁。完璧な布陣です。
●SHAREVIDEOS 
普通は観ない? いや、それは偏見です。これら表面的にみても挑戦的な映画ですが、実際の内容もかなり挑戦的。それは性的だとかそういう意味ではなく、世論のAVというもの対する冷たさや偏見をそれとなく描かれているからです。私たちは彼女たちをもっと尊敬し、普通の職業として認めてあげるべきなのでしょう。社会の冷たい視線はなぜなのか私には理解できないですが、本当に変わればいいと思ってます。