ヴィーナス・トーク 官能の法則

ヴィーナス・トーク 官能の法則

40代でも人生はまだまだ華がある

前向きに人生を謳歌する3人の40代女性が繰り広げるセクシー・ラブコメディ。独身のシネ、主婦のミヨン、シングルマザーのヘヨンは昔からの親友。今も悩みを打ち明け、恋やSEXの話に花を咲かせる、そんな彼女たちの波瀾万丈な日々を描く。

原題:Venus Talk / 製作:韓国(2014年) / 日本公開日:2015年11月(DVDスルー) / 上映時間:108分 / 製作会社:Myung Films / 配給:

【無料動画】


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼DMM見放題chライト(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
DMM

▼無料動画を見る方法▼

1. バナー表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

大人にしかわからない悩みを抱えながら自分の欲望とも素直に向き合うヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなエロティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く活用しましょう。レンタル店でDVDを借りるよりもネット配信の方が簡単に見れるかもしれません。とくに動画サイトと同じように鑑賞したい人向けです。もちろんビギナーの方でも優しく、変に難しく考える必要はないのでご安心を。

「登録しても利用料が…」と考える人もいるでしょう。でも、リーズナブルな体験ができる無料お試しで当面は心配なしです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「ヴィーナス・トーク 官能の法則」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フリムビ2は無意味な誘導リンクはゼロです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『ヴィーナス・トーク 官能の法則』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:クォン・チリン

★【キャスト】
オム・ジョンファ、ムン・ソリ、チョ・ミンス

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
こういう映画だったのね! 大人版「ロマンスは必要」って感じで面白かったです! 中々日本では数字がとれる俳優陣ではないですが、韓国ドラマ好きの人には御馴染みの人ばかりなので、劇場公開はなかったけど、見れて良かったです。四十路の仲良し三人組が、それぞれのパートナーとイチャイチャ楽しそうにしてる前半から、中盤一気に流れが変わる。ラブシーンがなかなか多いのですが、物語後半のとある場面は、涙が噴出してしまいました。
●映画フリー
こんな哀しいベッドシーン、観たことないよ! 韓国映画の容赦の無さたるや、暴力描写だけではないのね…。脱帽です。オム・ジョンファのキャリアバリバリの女性キャラクターはやっぱり良すぎるし、女性の生き方に重きを置いているという想像以上の真面目なストーリーに思わずうるうると目に涙が溜まっていくのでした。こんなのズルいよね。最初はコメディでくだらない感じかと思ったのに、そこで泣かせるなんて反則なのですよ、まったく。
●BILIBILI
クォンチリン監督やっぱり好きだな。キャラクターがきちっとブレなくて、愛おしい。そもそも大好きな女優たちなので、もうたまらんのだけども。ケラケラ笑まくった。ジタバタしてみるけど、夢みたいなハッピーエンドも起きず、でもそれなりに今にだいたい満足して突き進む感じが、この歳らしい説得力あるというか。アラフォー、アラフィフ世代の恋愛事だが、登場の女優さんはやはり素敵! 本当に凄かったという拍手を全員に送りたい!
●DAILYMOTION 
基本は女性向けかな。大人の女性の苦労と葛藤を描くものだしね。女優陣がとても凄いのが特徴で、これまた女性客にもストライク。また、イソンミン、イギョンヨンさんの男性陣の観た事ない役にやはり驚いた! 期待してなかったけどキャストも豪華だったし、私は楽しめました。結構エロスで、特にオムテウンの実姉がかなりエロくて、ある意味男性で楽しめてしまうのも嬉しいところかな。ヴィーナスのトークは観る価値あるのでした。
●VUDU
アラフォー女子の悲喜こもごもということで好きな人は絶対にはハマる。「サニー」の大人向けという感じ。タイトルの「官能の法則」は少しミスリードぎみだけど。韓国バージョンの「セックスアンドシティ」だと思えばいいのかな。2012年のロッテシナリオ公募大賞の脚本らしく、なかなかこだわったプロットという意気込みは伝わってきました。こういうの日本でもやらないかな。絶対にウケると思うのだけどな。期待して待ってます。