アナと雪の女王(1作目)

物語と歌に世界が熱狂!ディズニー・アニメーション

映画『アナと雪の女王』のフル動画を無料視聴する手段を紹介中! 詐欺&騙しサイトは無し。
今すぐ『アナと雪の女王』の動画リンクへ。

アンデルセンの「雪の女王」にインスピレーションを得て、運命に引き裂かれた王家の姉妹が、凍てついた世界を救うため冒険を繰り広げる姿を描いたディズニーアニメーション。製作総指揮はジョン・ラセター、製作はピーター・デル・ベッチョ。ある日、特殊な能力を授かり、触れたものを凍らせる秘密の力を持ったエルサは、その力で妹アナを傷つけてしまうことを恐れ、城の部屋に閉じこもって誰とも会わずに暮らしてきた。やがて成長したエルサは女王の座に就くこととなり、戴冠式のためにひさびさに人々の前に姿を現すが、不安だらけで落ち着かない。そして、ふとしたきっかけで力が暴走し、緑豊かな王国を真冬の世界に変えてしまい、あらゆる空間が凍り付いてしまう。耐えきらず逃げ出したエルサは雪山の奥で自らの力を存分に解放し、城を築き上げ、ありのままの自分でいられることに生きる喜びを見出す。そこは自分だけの世界だった。一方、アナは姉と王国を救うため、山男のクリストフとその相棒のトナカイのスヴェン、夏にあこがれるお調子者の雪だるまのオラフとともに、どこかにいる姉を探して雪山の奥へと旅に出る。

原題:Frozen / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開日:2014年3月14日 / タイム:102分 / プロダクション:Walt Disney Animation Studios / 配給: / 製作費:1億5000万ドル / 興行収入:12億ドル(日本興収:254億8000万円)

「アナと雪の女王」MovieNEX予告編

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT×】
LINK4【Hulu×】
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass×】
LINK7【dTV×】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『アナと雪の女王』の無料動画は見れる?▼

世界中で熱狂を巻き起こし、とてつもないブームとなった作品はそれだけの魅力がキャラクターや世界観に詰まっている証明です。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。家にパソコンやテレビがない人でも安心です。スマホが使えるのでお手持ちのAndroidやiPhoneでじゅうぶんですし、事前にダウンロードしておけば、通信制限を気にすることなく、自由に好きな時に鑑賞できます。

しかも、ユーザーにはハッピーです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。

違法サイトは使ってはいけません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「アナと雪の女王」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フリムビ2ではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

字幕でも吹き替えの悩みはこれで終わり。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「アナと雪の女王」の面白さの発見につながるかもしれません。

子ども使い分けもOK。しかし、その点は親切機能でカバーできます。ファミリーアカウントを活用すれば、R指定作品(R18・R20)や成人向けコンテンツを表示しないことも可能。また、複数アカウントで同時再生できるので、ひとりはスマートフォンで、もうひとりはノートパソコンで、別のひとりは大型テレビで、同時に別作品を鑑賞もできます。喧嘩もせずに平和に楽しみを分かち合いましょう。

『アナと雪の女王』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『アナと雪の女王』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
脚本:ジェニファー・リー
音楽:クリストフ・ベック

★俳優
クリステン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフ、ジョシュ・ギャッド、サンティノ・フォンタナ、アラン・テュディック、キーラン・ハインズ、クリス・ウィリアムズ、スティーブン・アンダーソン、マイア・ウィルソン、エディ・マックラーグ

★『アナと雪の女王』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.5 90% 74
映画.com Yahoo! Fm
3.9 3.66 3.6
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『アナと雪の女王』の受賞
第86回アカデミー賞で長編アニメ映画賞と歌曲賞を受賞。

★『アナと雪の女王』の反応
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑鋭い批評が炸裂。
・荻上チキ×宇多丸:映画「アナと雪の女王」とディズニーの自己批評

●無料ホームシアター
伝説を残したディズニーの記念すべき一作。前作「塔の上のラプンツェル」は日本では残念なことに公開日が東日本大震災の翌日という不幸に出会い、あまり話題にならなかったため、今作はまさにやっと華の舞台が回ってきたという感じ。プリンセスでミュージカルという王道を踏襲しつつ、これまであった美男美女のラブストーリーをあえて脇に置いて姉妹愛に徹底するあたりはフレッシュでした。なにより音楽のパワーが最大の魅力なのは言うまでもなく。
●Aマニア  
ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話「雪の女王」がベースになっていながら、この独創性。優秀なシナリオライターが集合して練り上げたプロットの素晴らしさに感嘆するばかり。「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」と「アナと雪の女王 家族の思い出」など、このあといくつかの短編が作られていることからもわかるように、その人気っぷりはトップクラス。新時代ディズニーの顔になりました。永遠に後世に残したい大切な作品でしょう。