野蛮なやつら SAVAGES

野蛮なやつら SAVAGES

ドラッグを巡りバイオレンスと欲望が加速していく

ドン・ウィンズロウのベストセラー小説「野蛮なやつら」をオリバー・ストーン監督が映画化。米カリフォルニアに暮らす平和主義でインテリな青年ベンと元傭兵のチョンは、高品質なマリファナ栽培の事業を始める。2人は幼なじみの美女オフィーリアとの恋愛関係も共有しながら事業を成功に導くが、やがて3人を支配下に置こうと企むメキシコの麻薬組織が3人がオフィーリアを拉致。ベンとチョンはオフィーリアを取り戻すため勝ち目のない戦いに挑むが、作戦は次第にエスカレートしていき…。

原題:Savages / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開日:2013年3月8日 / 上映時間:129分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『野蛮なやつら/SAVAGES』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:オリバー・ストーン
脚本:シェーン・サレルノ、ドン・ウィンズロウ、オリバー・ストーン
撮影:ダン・ミンデル
音楽:アダム・ピータース

★【キャスト】
テイラー・キッチュ、ブレイク・ライブリー、アーロン・ジョンソン、ジョン・トラボルタ、ベニチオ・デル・トロ、サルマ・ハエック、デミアン・ビチル、サンドラ・エチェべリア

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
タイトルどおり野蛮の一言で片付く奴らが暴れる。グロいシーンもあるけど、でも、美男美女なので、ポップでスタイリッシュ。物語のどんでん返しぶりが秀逸で、ストーリーは少し複雑。うっかりすると分からなくなりそうで、頭使いました。眩しいブレイク・ライヴリーほか若手を中心に据えつつ、とにかく濃すぎるデルトロとトラボルタの2人を両脇に配置するという粋な配役も憎い。オリバー・ストーンもこんなセンスがあるのかと見直しました。
●映画FUN
ブレイクライヴリーかわいい!これだけで良し。最高に決まってる。ガンアクション、バイオレンスやエンターテイメント性はかなり上出来。適度にエロく、残虐シーンも見応えがある。釈然としない終わり方のようで、綺麗に終わった感じの二度エンディングはとても意外で印象的。シリアスな展開が繰り広げられる中、人間関係がごちゃついて時々混乱するが、とても良作。あと、役者だと部下のベニチオ・デル・トロの存在感はやはり半端ない!
●SPACEMOV 
凡作にはない暴虐な作品性が気持ちが良い。それにしても濃いなぁこのメンツ。誰にもあえて感情移入させない気でいるのかな。話の筋はオーソドックスなお姫様救出物といった感じで、あの有名作のフォーマットをなぞって、アレンジしちゃった系なのかもしれない。でも怖いのが何度も言うように俳優陣。当初予想してた展開と少しずつ違う、形勢逆転が楽しめれば興味は持続するはずだ。野蛮では済まされない展開に映画の神髄を感じた。
●FANDANGONOW 
麻薬カルテルは日本にいないし、ヤクザはちょっと違うので、このカルテルは映画からしか知識がない。だから、結構リアルとか気にしなくていいので、気が楽だ。バイオレンスでセクシー。もうエンタメだしね。ブレイク・ライヴリーがビッチだという感想が多くみられましたが、あんな絵に描いたようなイケメン2人から愛されるなんて、ただの普通のビッチにしては恵まれすぎです。特筆すべきはベニチオ・デル・トロの怪演なのかもしれない。