ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金

俺たちは「筋肉バカ」だ!

「トランスフォーマー」シリーズなどのヒットメーカー、マイケル・ベイ監督が、「テッド」のマーク・ウォールバーグ&「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン共演で描いたクライムドラマ。マイアミで暮らすダニエルは、筋トレだけが生きがいの冴えないスポーツジムのトレーナー。そんな自分の人生に嫌気が差したダニエルは、ジムの常連客である裕福なビジネスマンの誘拐を企む。同僚のエイドリアンや前科者のポールらと組んで計画を実行に移し、なんとか大金を奪うことに成功したダニエルだったが、そんな彼らの前に秘密捜査官が現われ…。

原題:Pain & Gain / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開日:2014年3月(DVDスルー) / 上映時間:129分 / 製作会社:De Line Pictures / 配給:

【無料動画】

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
AuVideo
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

1. バナー表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あまりにも常識外れの言動を繰り広げるぶっとんだ映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな作品をお得に見るなら、動画配信サービスを駆使してみましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもの。どちらも動画を楽しめますが、使い勝手が異なるので、事前にしっかり下調べおくと損をせずに良い経験ができます。

「有料だからな…」とガッカリしないでください。無料でお試しができるインセンティブがあるので心配無用です。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作品まで、ズラッと並ぶ映画は魅惑的で、今すぐ見たくなります。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。DVDやブレーレイであればどちらも用意されていることが多いですが、VODでも整備されているものがあります。その形態はサービスによって異なるのですが、片方だけのものもあれば、両方から選択できる場合も。中には英語字幕をチョイスできたりもするので、語学学習に使う人もいます。映画によって字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

フリムビ2の「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。特定のサービスから一つを選び、「なんか見たいものないかな~」と眺めているだけでもワクワクしてきます。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。レビューサイトの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

『ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:マイケル・ベイ
脚本:クリストファー・マルクス、スティーブン・マクフィーリー
撮影:ベン・セレシン
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー

★【キャスト】
マーク・ウォールバーグ、ドウェイン・ジョンソン、アンソニー・マッキー、トニー・シャルーブ、エド・ハリス、ロブ・コードリー、バール・パリー、レベル・ウィルソン、ケン・チョン、マイケル・リスポリ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.4/1050%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.1/5.0???/5.003.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】
・高橋ヨシキ:シネマストリップ
 ↑映画を貪る悪魔主義者の高橋ヨシキの映画評論。

●映画フリー 
これまでのマイケル・ベイ作品とは大きく印象が異なる小粒なクライム・コメディといった感じ。とは言っても大半の監督にとっては贅沢なキャストやシーンがたくさんで、しっかりドンパチもある。もちろん基になった事件や犯人像の滑稽さが最大のポイントだけど、その事実の部分だけに頼りきった再現映画というわけではなく、テロップや俳優の表情によるアレンジで面白さが数段アップさせる工夫が見える。映画のノリ自体はいつものやつだけど。
●SPACEMOV 
バカがひとりだけでは何もできない。ではバカが二人集まったら? もっと何もできない! そんなバカみたいな発想でそのまま映画にしましたという愚直なアホ映画がこの「ペイン&ゲイン」である。アメリカンドリームの幻想を追って破滅していく筋トレ男に対するシニカルな視点がいっぱいで、誤解ではあるものの、アメリカ人はみんなこんな人間のような気がしてくる。この映画を観てしまえばマークウォールバークはバカにしか見えない。
●DAILYMOTION  
マイケル・ベイ最高傑作。3人が三様にバカ過ぎて、コレが実話ベースということに開いた口が塞がりません。マイケル・ベイお得意のいつもの無駄であふれる下品な動きすぎるカメラワークと過剰な演出が、今作は異化効果的に「病んだ現代アメリカ」をうっかり表現していて、非常に有効に効いてると思います。この監督は「バッドボーイズ」の頃からこんな勢いなので、もはや自虐なのかもしれませんが。脳みそまで筋肉になったらダメですね。