アーサー・クリスマスの大冒険

アーサー・クリスマスの大冒険

あなたの知らないクリスマスの裏側

イギリスの名門アードマン・スタジオが米ソニー・ピクチャーズとタッグを組んで手がける3DCGアニメーション。北極の氷の下にはサンタクロースのオペレーションセンターが存在し、100万人の妖精がハイテクマシンを駆使して世界中の子どもたちにプレゼントを届けていた。しかしある年のクリスマス・イブ、1人の子どもにプレゼントを配り忘れるミスが発生。サンタの末っ子アーサー・クリスマスが、地球の反対側にある子どもの家までプレゼントを届けにいくことになるが…。

原題:Arthur Christmas / 製作:アメリカ(2011年) / 日本公開日:2011年11月23日 / 上映時間:101分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『アーサー・クリスマスの大冒険』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:サラ・スミス
脚本:ピーター・ベイナム、サラ・スミス

★【キャスト】
ジェームズ・マカボイ、ヒュー・ローリー、ビル・ナイ、ジム・ブロードベント、イメルダ・スタウントン、アシュレー・ジェンセン

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
「サンタさんはどうやったら一晩で世界中を周れるの?無理じゃない?」「煙突ないとサンタ入れないよね?」そんなことを子どもに聞かれたら、このアニメーションを見せると良いと思います。非常にぶっとんだサンタ世界ですが、サンタの必死さがコミカルに伝わってきます。サンタを題材にした映画はたくさんありますがここまでサンタ愛がいっぱい詰まった作品はない気がするくらい。クリスマスシーズンに観るには良い一本、ぜひ鑑賞をおすすめ!
●映画FUN 
アーサーの純粋さとか、妖精の可愛らしさは観ていて面白かったし、子どもの時のドキドキ感を思い出せたのは良かった! サンタってワクワクしましたよね。サンタがいると信じているとき、あの瞬間のトキメキは2度と戻らないけど、映画で振り返ることができるのです。キャラも良かったですね。すごくチャーミングだったのがプレゼント包装係のブライオニー。可愛らしいスコットランド訛りで何でも包んじゃう子です。可愛い映画でした。
●SPACEMOV
主役はジェームズ・マカヴォイが声優を務めています。いつもよりかなりテンションと声の高いコメディな演技を披露しています。マイナー作品だけど、大人が見ても子供が見てもグッと来るだろう名作であり、これはただのキッズ向けの枠にはおさまらない最高のプレゼントになっていくのでしょう。時代を超えてもずっと愛されるというような作品になって語り継がれていってほしいと思うので、ぜひクリスマスにはこれを観てください。
●CRUNCHYROLL 
サンタが一晩で世界中の子供達にプレゼントを届けることができるその秘密は、最新鋭のハイテク“そり”と100万人の妖精部隊だったのです。マジです。本当にこれはアリなんです。そんなことを信じさせたくなるくらいのパワーが作品にありました。そんな完璧と思われたシステムの中で、20億人分の成功と1人分の失敗が起こるというのが、また現代的で企業とかでよくあるエラー問題であり、それにどう対処するかも含めて意外にリアルですね。