リリーのすべて

リリーのすべて

初めて性別の壁を越えたドラマ

「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したトム・フーパー監督と、「博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞の主演男優賞を手にしたエディ・レッドメインが、「レ・ミゼラブル」に続いてタッグを組み、世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベの実話を迫真の演技で描いた伝記ドラマ。1926年、デンマーク。風景画家のアイナー・ベルナーは、肖像画家の妻ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたという些細な出来事がきっかけに、自身の内側に潜む女性の存在を意識する。それ以来「リリー」という名の女性として過ごす時間が増えていくアイナーは、心と身体が一致しない現実に葛藤する。ゲルダも当初はそんな夫の様子に戸惑うが、次第にリリーに対する理解を深めていく。

原題:The Danish Girl / 製作:イギリス(2015年) / 日本公開日:2016年3月18日 / 上映時間:120分 / 製作会社:ワーキング・タイトル・フィルムズ / 配給:東宝東和 / 製作費:1500万ドル / 興行収入:6420万ドル

【無料動画】

映画『リリーのすべて』予告編

(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

さまざまな苦しみの中で葛藤しながらも希望を見出そうとする人間のドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなヒューマンドラマを観たいときは、動画配信サービスを効果的に使いましょう。家にテレビやパソコンがなくても安心。お手持ちのAndroidやiPhoneでいつでもどこでも鑑賞できます。字幕や吹き替えも自由に選べるものもあるので、好みに合わせた視聴が可能。綺麗でハイクオリティな映像でも楽しめるので美しい俳優もくっきり鑑賞。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「リリーのすべて」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『リリーのすべて』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:トム・フーパー(関連作品:『レ・ミゼラブル』、『英国王のスピーチ』)
脚本:ルシンダ・コクソン
撮影:ダニー・コーエン
音楽:アレクサンドル・デプラ

★【キャスト(キャラクター)】
エディ・レッドメイン(アイナー・ヴェイナー/リリー・エルベ)、アリシア・ビカンダー(ゲルダ・ヴェイナー)、ベン・ウィショー(ヘンリク・サンダール)、セバスチャン・コッホ(ヴァルネクロス)、アンバー・ハード(ウラ)、マティアス・スーナールツ(ハンス・アクスギル)、エメラルド・フェネル(エルサ)

★【雑学(トリビア)】
・ニコール・キッドマンが映画化を熱望し、企画も進んでいたが、映画完成には至らなかった過去がある。

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.1/1067%66
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.03.87/5.004.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【受賞】
第88回アカデミー賞で助演女優賞(アリシア・ビカンダー)を受賞。第22回全米映画俳優組合賞で助演女優賞(アリシア・ビカンダー)を受賞。第72回ヴェネツィア国際映画祭でクィア獅子賞を受賞。

★【感想・批評】
町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

●無料ホームシアター 
2人の演技に感動した。エディ・レッドメインの演技がとにかく凄まじいです。トランスジェンダーについて理解も全くない世の中で揺れ動く主人公を完璧に体現してみせていて脱帽!エディ・レッドメインとアリシア・ビカンダーの演技がすべてのような作品だが、アカデミー賞助演女優賞は納得で、ひょっとしたら主演女優賞じゃないのと思ってしまった。本当に俳優は不思議で繊細な人物になりきることをいともたやすくしてしまう。
●映画FUN
正直、もっと評価されるべき作品なんじゃないかと思うのですが、やっぱり内容がとがりすぎなのでしょうか。時間がたっても心に残る味わいは他にはないと思います。音楽、映像、キャスト、プロット、全て最高でした! 男性から女性へと変わっていくさまは鳥肌ものです。この役者の名演を見るだけでも3000円払ってもお釣りがくるようなお得さです。絶対に観た方がいいです。
●FANDANGONOW
素晴らしい映画。実際とは違うエンディングだが、エンドロールまでもしくは終わった後からも涙が溢れてくるほど心を揺さぶられる作品。この映画はもっと絶賛されるべきです。美しい映像と丁寧な時代背景の再現、画家夫婦の愛の深さゆえの悲しみ。リリーの女性性に哀しさが画面からこぼれ出るように溢れて、エディ・レッドメインの完璧な演技に初めから最後まで釘付けに惹きこまれた。美しく哀しい映画だった。