ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン

全女性が共感する赤裸々結婚ドタバタ・コメディ

花嫁介添人(ブライズメイド)たちが巻き起こす騒動を描き、全米で興行収入1億ドルを突破するヒットとなったコメディ。仕事も恋愛もうまくゆかず人生に行き詰っていたアニーは、親友が婚約し、花嫁介添人のまとめ役をすることになる。崖っぷちな自分はもとより、それぞれ問題を抱えた一癖ある花嫁介添人たちをまとめるため奮闘するアニーだったが、ハプニングが続出し…。

原題:Bridesmaids / 製作:アメリカ(2011年) / 日本公開日:2012年4月28日 / 上映時間:125分 / 製作会社:Apatow Productions / 配給:東京テアトル

★【スタッフ】
監督:ポール・フェイグ
脚本:アニー・マモロ、クリステン・ウィグ
撮影:ロバート・イェーマン
音楽:マイケル・アンドリュース

★【キャスト】
クリステン・ウィグ、マーヤ・ルドルフ、ローズ・バーン、ウェンディ・マクレンドン=コービー、エリー・ケンパー、メリッサ・マッカーシー、クリス・オダウド

【無料動画】

映画『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年1月4日) 
かくも女とは醜悪な生き物なのか! いや、この映画に出てくる奴らはとびきり酷いだけかもだが。私は基本、下品、お下劣な笑いは嫌いなので、途中までは不快感を持ってテンション低めで見てました。しかし、いつのまにかこの破天荒な女性たちの行く末が気になり、楽しんでいました。これが映画のマジックなのか。そして迎える謎の大団円は、強引なまでのめでたしめでたしを演出しているが、結局、幸せならそれでいいのです!と宣言しているようだ。
映画FUN (2016年2月14日) 
ただの下品なコメディだと片付けるには勿体無い映画。大人なのになんでこんなに大人げないのか。それは大人だからなのです。いたい姿を人前で見せても大人だってそんなときがある。その姿が正直に映画に示されているのは清々しいです。コメディって結末が見えるけど、結末が見えた上でこんなに面白いと思えるのはなかなかない気がする。女の嫉妬ほど醜くて、わかりやすくて、面白いものはないなあ。まあ、男もたいがい酷いのですけどね。
OPENLOAD (2016年2月25日) 
飛行機のシーンが全体的に面白すぎる。実際にいたら迷惑極まりないけど。内容はこんな風にとにかく過激。良くも悪くもアメリカのコメディ全開です。最初から下ネタのオンパレード。主人公情緒不安定すぎて心配になるほど。でもなぜかその気持ちがほんの少しほどわかる気もするエブリディな日々。それはどこか境遇が重なるからなのか。というか付添人ってそんな役割なのか。日本だとそこまではない。というか親が普通は出てきたりしますよね。
STREAMIN (2016年2月27日) 
出演者関連で「ゴーストバスターズ」「SPY」とセットで見たい映画。出演者が同じでも演技でここまで変わるかと驚くはず。主演のクリステン・ウィグが、なんともいえずちょうどいい感じで、それだけで可笑しい。どんどん、やさぐれていくほどに可愛いこと。惹かれあう警官が大人な良いやつだけに、それはもうほんとに。さすが「サタデーナイト」の畑で育っただけはある。ブライズメイドの華やかなパッケージとは全然違う生々しい女のリアルです。