ガチバン ULTRA MAX

ガチバン ULTRA MAX

シリーズ屈指の驚愕するばかりの問題作

人気ヤンキー映画「ガチバン」シリーズ21作目。「ガチバンMAX」(2010)や「ガチバン SUPERMAX」(12)でも主演を務めた窪田正孝が扮する黒永勇人が主人公となり、かつてない悲劇に直面する姿を描いた。場末のスナックで用心棒として働いていた黒永勇人は、スナックに遊びにきた大山彦組の組長に気に入られるが、組の構成員・安藤忠臣はそれが気に食わず、勇人と忠臣は事あるごとにいがみ合うようになっていた。そんな中、勇人は先輩の吉田義男を通じて知り合った、ザビエル女学院中学に通う星良と距離を縮めていくが…。

原題:ガチバン ULTRA MAX / 製作:日本(2014年) / 日本公開日:2014年4月12日 / 上映時間:75分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『ガチバン ULTRA MAX』予告編

(C)2014「ガチバン クロニクル/ULTRA MAX」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:元木隆史
脚本:イケタニマサオ
撮影:神田創
音楽:鷹尾勇樹

★【キャスト】
窪田正孝、鈴之助、永野芽郁、山口祥行、山田裕貴

★【感想・批評】

●映画フリー
最高なのは、窪田正孝と山田裕貴が飲み屋街で殴り合うクライマックス。この映画でほぼ唯一の本格的アクションシーンの鬼気迫る意地と意地のぶつかり合いがしびれる。死に物狂いで、足にしがみつき、武器を手にすることも厭わない。しかし、アクションの迫力以上にそのインパクトが胸に響くのが、「お前みたいに目がキラキラしたヤツがこんなことしちゃダメなんだ」という山田裕貴の叫び。青春が鋭利な暴力と言葉となって炸裂し合う。
●映画の無料動画で夢心地
ガチの激突の結果を見届けてほしい。それにしてもヒロインの永野芽郁のナチュラルな演技が心地よくて良かった。ちょっとさりげなく華になってますよね。高校生でも中学生でもしなそうな子供みたいな髪型なのはなぜなのだろうと思いましたが。ヤクザの下っ端の安藤が負わされたミッションを遂行する姿は、複雑な気持ちになるのですが、ガチでいろいろ繰り広げる姿は見ごたえあり。皆、全員が若くて眩しいけど、本当貴重だな~。
●BILIBILI
メインの物語は、日々をなんとなく過ごす勇人(窪田正孝)が聖良(永野芽郁)に出会い、聖良に心を動かされる。シリーズ屈指のハートフルな物語で、まさか泣くとは思わなかった。聖良の為に一生懸命になる勇人の姿が印象に残った。決して喧嘩だけしまくっているようなアクションバカ映画ではない。既に20作以上作られている『ガチバン』シリーズ、今からでも追いかけたほうがいいかもしれない。それであればこのバイオレンスについていける。
●DAILYMOTION
お話は悪びれた反社会に目覚めた中学生くらいの少年が頑張って一晩で考えた脳内妄想をそのまま映像化したみたいなやつ。喧嘩して毎日強い奴と戦って、存在感を高めていた俺は、ある日、儚い人生に閉じこもっている少女に出会って、仕方がないが助けてやるんだ…という若干の嘘を交えて語るとこんな感じ。そのせいかヒューマンドラマ風の色が濃い。お前、意外にセンチメンタルなんですねという素朴な感想が頭に湧いてくるのでした。