ゴールデングローブ賞 | 受賞映画

ベスト映画

《ゴールデングローブ賞とは?》
アメリカ合衆国における映画とテレビドラマに与えられる賞。ハリウッド外国人映画記者協会の会員の投票により選定される。

★は受賞作品、●はノミネート作品。

第76回(2018年)

【映画作品賞 ドラマ部門】
●『アリー スター誕生
●『ブラックパンサー
●『ブラック・クランズマン
●『ビール・ストリートの恋人たち』
●『ボヘミアン・ラプソディ

【映画作品賞 ミュージカル・コメディ部門】
●『クレイジー・リッチ!
●『女王陛下のお気に入り』
●『グリーンブック』
●『メリー・ポピンズ リターンズ』
●『ヴァイス(原題)』

【映画演技賞(ドラマ部門):主演男優賞】
●ブラッドリー・クーパー『アリー スター誕生』
●ウィレム・デフォー『アット・エターニティズ・ゲート(原題)/ At Eternity’s Gate』
●ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』
●ジョン・デヴィッド・ワシントン『ブラック・クランズマン』
●ルーカス・ヘッジズ『ボーイ・イレイスト(原題)/ Boy Erased』

【映画演技賞(ドラマ部門):主演女優賞】
●グレン・クローズ『天才作家の妻 -40年目の真実-』
●メリッサ・マッカーシー『キャン・ユー・エヴァー・フォギヴ・ミー?(原題)/ Can You Ever Forgive Me?』
●レディー・ガガ『アリー スター誕生』
●ニコール・キッドマン『デストロイヤー(原題)/ Destroyer』
●ロザムンド・パイク『ア・プライベート・ウォー(原題)/ A Private War』

【映画演技賞(ミュージカル・コメディ部門):主演男優賞】
●クリスチャン・ベイル『ヴァイス(原題)』
●リン=マヌエル・ミランダ『メリー・ポピンズ リターンズ』
●ロバート・レッドフォード『ジ・オールド・マン&ザ・ガン(原題)/ The Old Man & The Gun』
●ヴィゴ・モーテンセン『グリーンブック』
●ジョン・C・ライリー『スタン&オリー(原題)/ Stan & Ollie』

【映画演技賞(ミュージカル・コメディ部門):主演女優賞】
●オリヴィア・コールマン『女王陛下のお気に入り』
●エミリー・ブラント『メリー・ポピンズ リターンズ』
●シャーリーズ・セロン『タリーと私の秘密の時間
●エルシー・フィッシャー『エイス・グレイド(原題)/ Eighth Grade』
●コンスタンス・ウー『クレイジー・リッチ!』

【助演男優賞】
●ティモシー・シャラメ『ビューティフル・ボーイ(原題)』
●マハーシャラ・アリ『グリーンブック』
●リチャード・E・グラント『キャン・ユー・エヴァー・フォギヴ・ミー?(原題)/ Can You Ever Forgive Me?』
●サム・ロックウェル『ヴァイス(原題)』
●アダム・ドライバー『ブラック・クランズマン』

【助演女優賞】
●エイミー・アダムス『ヴァイス(原題)』
●レジーナ・キング『ビール・ストリートの恋人たち』
●エマ・ストーン『女王陛下のお気に入り』
●レイチェル・ワイズ『女王陛下のお気に入り』
●クレア・フォイ『ファースト・マン』

【監督賞】
●アダム・マッケイ『ヴァイス(原題)』
●アルフォンソ・キュアロン『ROMA ローマ』
●ブラッドリー・クーパー『アリー スター誕生』
●スパイク・リー『ブラック・クランズマン』
●ピーター・ファレリー『グリーンブック』

【脚本賞】
●アダム・マッケイ『ヴァイス(原題)』
●バリー・ジェンキンズ『ビール・ストリートの恋人たち』
●ニック・ヴァレロンガ&ピーター・ファレリー&ブライアン・クリー『グリーンブック』
●アルフォンソ・キュアロン『ROMA ローマ』
●デボラ・デイヴィス&トニー・マクナマラ『女王陛下のお気に入り』

【作曲賞】
●『ファースト・マン』
●『犬ヶ島
●『ブラックパンサー』
●『メリー・ポピンズ リターンズ』
●『クワイエット・プレイス』

【歌曲賞】
●「オール・ザ・スターズ」『ブラックパンサー』
●「Girl in the Movies」『ダンプリン’(原題) / Dumplin’』
●「Requiem For A Private War」『ア・プライベート・ウォー(原題)/ A Private War』
●「Shallow」『アリー スター誕生』
●「Revelation」『ボーイ・イレイスト(原題)/ Boy Erased』

【アニメ映画賞】
●『インクレディブル・ファミリー
●『犬ヶ島』
●『シュガー・ラッシュ:オンライン
●『スパイダーマン:スパイダーバース』
●『未来のミライ

【外国語映画賞】
●『ガール(原題)/ Girl』
●『ネバー・ルック・アウェイ(英題)/ Never Look Away』
●『ROMA ローマ』
●『万引き家族
●『カペルナウム(原題)/ Capernaum』

第75回(2017年)

【映画作品賞 ドラマ部門】
★『スリー・ビルボード
●『シェイプ・オブ・ウォーター
●『ダンケルク
●『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』
●『君の名前で僕を呼んで

【映画作品賞 ミュージカル・コメディ部門】
★『レディー・バード
●『ゲット・アウト
●『ディザスター・アーティスト
●『アイ、トーニャ
●『グレイテスト・ショーマン

【映画演技賞(ドラマ部門):主演男優賞】
★ゲイリー・オールドマン『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男
●ダニエル・デイ=ルイス『ファントム・スレッド
●デンゼル・ワシントン『ローマンという名の男 信念の行方
●トム・ハンクス『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』
●ティモテ・シャラメ『君の名前で僕を呼んで』

【映画演技賞(ドラマ部門):主演女優賞】
★フランシス・マクドーマンド『スリー・ビルボード』
●ジェシカ・チャステイン『モリーズ・ゲーム
●サリー・ホーキンス『シェイプ・オブ・ウォーター』
●メリル・ストリープ『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』
●ミシェル・ウィリアムズ『ゲティ家の身代金』

【映画演技賞(ミュージカル・コメディ部門):主演男優賞】
★ジェームズ・フランコ『ディザスター・アーティスト』
●ダニエル・カルーヤ『ゲット・アウト』
●ヒュー・ジャックマン『グレイテスト・ショーマン』
●アンセル・エルゴート『ベイビー・ドライバー
●スティーヴ・カレル『バトル・オブ・ザ・セクシーズ

【映画演技賞(ミュージカル・コメディ部門):主演女優賞】
★シアーシャ・ローナン 『レディー・バード』
●ジュディ・デンチ『ヴィクトリア・アンド・アブドゥル(原題)/Victoria and Abdul』
●ヘレン・ミレン『ザ・レジャー・シーカー(原題)/The Leisure Seeker』
●マーゴット・ロビー『アイ、トーニャ』
●エマ・ストーン『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』

【助演男優賞】
★サム・ロックウェル『スリー・ビルボード』
●ウィレム・デフォー『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
●アーミー・ハマー『君の名前で僕を呼んで
●リチャード・ジェンキンス『シェイプ・オブ・ウォーター』
●クリストファー・プラマー『ゲティ家の身代金』

【助演女優賞】
★アリソン・ジャニー『アイ、トーニャ』
●メアリー・J・ブライジ『マッドバウンド 哀しき友情
●ホン・チャウ『ダウンサイズ』
●ローリー・メトカーフ『レディー・バード』
●オクタヴィア・スペンサー『シェイプ・オブ・ウォーター』

【監督賞】
★ギレルモ・デル・トロ『シェイプ・オブ・ウォーター』
●マーティン・マクドナー『スリー・ビルボード』
●クリストファー・ノーラン『ダンケルク』
●リドリー・スコット『ゲティ家の身代金』
●スティーヴン・スピルバーグ『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』

【脚本賞】
★マーティン・マクドナー『スリー・ビルボード』
●グレタ・ガーウィグ『レディー・バード』
●ギレルモ・デル・トロ&ヴァネッサ・テイラー『シェイプ・オブ・ウォーター』
●アーロン・ソーキン『モリーズ・ゲーム』
●リズ・ハンナ&ジョシュ・シンガー『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』

【作曲賞】
★『シェイプ・オブ・ウォーター』
●『スリー・ビルボード』
●『ファントム・スレッド』
●『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』
●『ダンケルク』

【歌曲賞】
★「This Is Me」『グレイテスト・ショーマン』
●「Home」『フェルディナンド(原題)/Ferdinand
●「Mighty River」『マッドバウンド 哀しき友情
●「Remember Me」『リメンバー・ミー
●「The Star」『ザ・スター はじめてのクリスマス

【アニメ映画賞】
★『リメンバー・ミー』
●『ボス・ベイビー
●『生きのびるために
●『フェルディナンド(原題)/Ferdinand』
●『ゴッホ 最期の手紙

【外国語映画賞】
★『女は二度決断する』
●『ナチュラルウーマン』
●『最初に父が殺された
●『ラブレス』
●『ザ・スクエア 思いやりの聖域』

第74回(2016年)

【映画作品賞 ドラマ部門】
★『ムーンライト
●『ハクソー・リッジ
●『最後の追跡
●『LION ライオン 25年目のただいま
●『マンチェスター・バイ・ザ・シー

【映画作品賞 ミュージカル・コメディ部門】
★『ラ・ラ・ランド
●『20センチュリー・ウーマン
●『デッドプール
●『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』
●『シング・ストリート 未来へのうた

【映画演技賞(ドラマ部門):主演男優賞】
★ケイシー・アフレック『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
●ジョエル・エドガートン『ラビング 愛という名前のふたり』
●アンドリュー・ガーフィールド『ハクソー・リッジ』
●ヴィゴ・モーテンセン『はじまりへの旅
●デンゼル・ワシントン『フェンス

【映画演技賞(ドラマ部門):主演女優賞】
★イザベル・ユペール『ELLE』
●エイミー・アダムス『メッセージ
●ジェシカ・チャステイン『MISS SLOANE』
●ルース・ネッガ『ラビング 愛という名前のふたり』
●ナタリー・ポートマン『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』

【映画演技賞(ミュージカル・コメディ部門):主演男優賞】
★ライアン・ゴズリング『ラ・ラ・ランド』
●コリン・ファレル『ロブスター
●ヒュー・グラント『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』
●ジョナ・ヒル『ウォー・ドッグス
●ライアン・レイノルズ『デッドプール』

【映画演技賞(ミュージカル・コメディ部門):主演女優賞】
★エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』
●アネット・ベニング『20センチュリー・ウーマン』
●リリー・コリンズ『RULES DON'T APPLY』
●ヘイリー・スタインフェルド『スウィート17モンスター
●メリル・ストリープ『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

【助演男優賞】
★アーロン・テイラー=ジョンソン『ノクターナル・アニマルズ
●マハーシャラ・アリ『ムーンライト』
●ジェフ・ブリッジス『最後の追跡
●サイモン・ヘルバーグ『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』
●デヴ・パテル『LION ライオン 25年目のただいま』

【助演女優賞】
★ヴィオラ・デイヴィス『フェンス
●ナオミ・ハリス『ムーンライト』
●ニコール・キッドマン『LION ライオン 25年目のただいま』
●オクタヴィア・スペンサー『ドリーム
●ミシェル・ウィリアムズ『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

【監督賞】
★デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』
●トム・フォード『ノクターナル・アニマルズ』
●メル・ギブソン『ハクソー・リッジ』
●バリー・ジェンキンズ『ムーンライト』
●ケネス・ロナーガン『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

【脚本賞】
★デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』
●トム・フォード『ノクターナル・アニマルズ』
●バリー・ジェンキンズ『ムーンライト』
●ケネス・ロナーガン『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
●テイラー・シェリダン『最後の追跡』

【作曲賞】
★ジャスティン・ハーウィッツ『ラ・ラ・ランド』
●ニコラス・ブリテル『ムーンライト』
●ヨハン・ヨハンソン『メッセージ』
●ダスティン・オハロラン、ハウシュカ『LION ライオン 25年目のただいま』
●ハンス・ジマー、ファレル・ウィリアムス、ベンジャミン・ウォルフィッシュ『ドリーム』

【主題歌賞】
★“シティ・オブ・スターズ”『ラ・ラ・ランド』
●“キャント・ストップ・ザ・フィーリング! ”『トロール
●“フェイス”『SING シング
●“GOLD”『GOLD』
●“HOW FAR I'LL GO”『モアナと伝説の海

【アニメ映画賞】
★『ズートピア
●『KUBO/クボ 二本の弦の秘密
●『モアナと伝説の海』
●『ぼくの名前はズッキーニ
●『SING シング』

【外国語映画賞】
★『ELLE』
●『ディヴァイン』
●『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』
●『セールスマン
●『ありがとう、トニ・エルドマン

第73回(2015年)

【映画作品賞 ドラマ部門】
レヴェナント: 蘇えりし者
キャロル
マッドマックス 怒りのデス・ロード
ルーム
スポットライト 世紀のスクープ

【映画作品賞 ミュージカル・コメディ部門】
オデッセイ
マネー・ショート 華麗なる大逆転
JOY
SPY スパイ
●Trainwreck

【映画演技賞(ドラマ部門):主演男優賞】
★レオナルド・ディカプリオ『レヴェナント: 蘇えりし者』
●ブライアン・クランストン『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
●マイケル・ファスベンダー『スティーブ・ジョブズ
●エディ・レッドメイン『リリーのすべて
●ウィル・スミス『Concussion』

【映画演技賞(ドラマ部門):主演女優賞】
★ブリー・ラーソン『ルーム』
●ケイト・ブランシェット『キャロル』
●ルーニー・マーラ『キャロル』
●シアーシャ・ローナン『ブルックリン
●アリシア・ヴィキャンデル『リリーのすべて』

【映画演技賞(ミュージカル・コメディ部門):主演男優賞】
★マット・デイモン『オデッセイ』
●クリスチャン・ベール『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
●スティーヴ・カレル『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
●アル・パチーノ『Dearダニー 君へのうた』
●マーク・ラファロ『Infinitely Polar Bear』

【映画演技賞(ミュージカル・コメディ部門):主演女優賞】
★ジェニファー・ローレンス『JOY』
●メリッサ・マッカーシ『SPY スパイ』
●エイミー・シューマー『Trainwreck』
●マギー・スミス『The Lady in the Van』
●リリー・トムリン『愛しのグランマ』

【助演男優賞】
★シルヴェスター・スタローン『クリード チャンプを継ぐ男
●ポール・ダノ『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』
●イドリス・エルバ『ビースト・オブ・ノー・ネーション』
●マーク・ライランス『ブリッジ・オブ・スパイ
●マイケル・シャノン『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』

【助演女優賞】
★ケイト・ウィンスレット『スティーブ・ジョブズ』
●ジェーン・フォンダ『グランドフィナーレ』
●ヘレン・ミレン『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』
●ジェニファー・ジェイソン・リー『ヘイトフル・エイト
●アリシア・ヴィキャンデル『エクス・マキナ』

【監督賞】
★アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ『レヴェナント: 蘇えりし者』
●トッド・ヘインズ『キャロル』
●トム・マッカーシー『スポットライト 世紀のスクープ』
●ジョージ・ミラー『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
●リドリー・スコット『オデッセイ』

【脚本賞】
★アーロン・ソーキン『スティーブ・ジョブズ』
●エマ・ドナヒュー『ルーム』
●トム・マッカーシー、ジョシュ・シンガー『スポットライト 世紀のスクープ』
●チャールズ・ランドルフ、アダム・マッケイ『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
●クエンティン・タランティーノ『ヘイトフル・エイト』

【作曲賞】
★エンニオ・モリコーネ『ヘイトフル・エイト』
●カーター・バーウェル『キャロル』
●アレクサンドル・デスプラット『リリーのすべて』
●ダニエル・ペンバートン『スティーブ・ジョブズ』
●坂本龍一、アルヴァ・ノト『レヴェナント: 蘇えりし者』

【歌曲賞】
★"Writing's On The Wall"(サム・スミス)『007 スペクター
●"One Kind of Love"(ブライアン・ウィルソン、スコット・ベネット)『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』
●"Simple Song #3" (デイビッド・ラング)『グランドフィナーレ』
●"See You Again"(DJ Frank E、アンドリュー・セダー、チャーリー・プス、ウィズ・カリファ)『ワイルド・スピード SKY MISSION
●"Love Me Like You Do"(マックス・マーティン、Savan Kotecha、Ali Payami、トーヴ・ロー、Ilya Salmanzadeh)『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

【アニメ映画賞】
インサイド・ヘッド
アノマリサ
アーロと少年
I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE
映画 ひつじのショーン 〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜

外国語映画賞
サウルの息子
神様メール
●ザ・クラブ
●The Fencer
裸足の季節