ウォーリー/Wall-E

ウォーリー

700年の孤独が生んだ奇跡

孤独なロボットの大冒険を描いたピクサー・アニメーション・スタジオ作品。ゴミだらけになった地球を人類が捨て去り、700年が過ぎた29世紀。地球にひとり置き去りにされたゴミ処理ロボットのウォーリーは、ただひたすらゴミ集めを続ける長い年月のうちに、感情が芽生えていた。そんな地球にある日、ピカピカのロボット、イヴがやってきてウォーリーは彼女に一目惚れ。しかし、イヴはある重要な任務を背負っていて…。

原題:Wall-E / 製作:アメリカ(2008年) / 日本公開日:2008年12月5日 / 上映時間:103分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

ウォーリー (字幕版)

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【Hulu×】
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket×】
VOD7【dTV×】
VOD8【au-Video×】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:アンドリュー・スタントン
脚本:アンドリュー・スタントン、ジム・リードン
撮影:ジェレミー・ラスキー、ダニエル・フェインバーグ
音楽:トーマス・ニューマン

★【キャスト】
ベン・バート、エリッサ・ナイト、ジェフ・ガーリン

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
映像美に衝撃を受けました。ゴミ片付けロボットのウォーリーが愛の力で人類の閉塞を破るというシンプルなお話。この映画の面白いところは閉塞的な状況のなかで暮らしている人たちが基本的に幸せそうでいい人たちとして描かれている所だと思う。宇宙船の中は衣食住も満ち足りていて、仕事も必要なく、ロボットたちが献身的に世話をしてくれる争いもない楽園のような世界だが愛というものがない。そんな世界を変えていくのはロボットなのです。
●映画フリー
ストーリーを大絶賛されて、アニメ映画でありながら異例の高評価を受けた一作。愛を忘れ、生きる楽しみを失った人間たちの復活の物語。そういう人たちがウォーリーとイヴによって愛と生きる意志に目覚めるという流れがシンプルだが力強いメッセージになっていると思う。最後皆で荒野に降り立って本当に大丈夫なのかってなるけど、エンディングで普通にやっていけてるみたいでよかった。これはディストピア映画の幸せを描く始まりですね。
●STREAMANGO
一見対象が子供向けのような気がしますがそんなことは全くなくむしろ大人こそしっかり見るべき作品だと思います。それだけ重要なメッセージがたくさん込められています。ピュアでかわいらしいウォーリーはもちろんのこと最初は任務優先だったイブが徐々にウォーリーに感化されていって「感情」が現れていく様子がいいですね。また映像も文句の付けようがないくらい綺麗ですね。子供向け映画と捉えずに一つのSF映画として見ることをお勧めします。
●CRUNCHYROLL
ウォーリーの動きやしぐさが本当に素晴らしくて、イチイチ凄いと目を奪われる。最小限のパーツであそこまで感情を表現できるなんて、アニメーションの底力を感じました。ロボットなのに、この恋する純情なやつをすっかり応援してしまっている自分がいるのですから。ピクサー映画の中ではトップクラスに良くできていると評判の高い一作であり、その完成度はパーフェクト。おそらくこれを超えるロボット映画は生まれないのではないでしょうか。
ピクサー

★【ピクサー制作アニメ映画 を総復習!】

  • 第1作『トイ・ストーリー』(1995年)
  • 第2作『バグズ・ライフ』(1998年)
  • 第3作『トイ・ストーリー2』(1999年)
  • 第4作『モンスターズ・インク』(2001年)
  • 第5作『ファインディング・ニモ』(2003年)
  • 第6作『Mr.インクレディブル』(2004年)
  • 第7作『カーズ』(2006年)
  • 第8作『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
  • 第9作『ウォーリー』(2008年)
  • 第10作『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
  • 第11作『トイ・ストーリー3』(2010年)
  • 第12作『カーズ2』(2011年)
  • 第13作『メリダとおそろしの森』(2012年)
  • 第14作『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
  • 第15作『インサイド・ヘッド』(2015年)
  • 第16作『アーロと少年』(2015年)
  • 第17作『ファインディング・ドリー』(2016年)
  • 第18作『カーズ クロスロード』(2017年)
  • 第19作『リメンバー・ミー』(2017年)
  • 第20作『インクレディブル・ファミリー』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする