インデペンデンス・デイ リサージェンス

インデペンデンス・デイ リサージェンス

史上最大の続編が襲来する!

1996年に製作・公開され、世界中で大ヒットを記録したSFパニック超大作「インデペンデンス・デイ」の20年ぶりの続編。エイリアンの侵略を生き延びた人類は、共通の敵を前にひとつにまとまり、回収したエイリアンの技術を利用して防衛システムを構築。エイリアンの再来に備えていた。しかし、再び地球を目標に襲来したエイリアンの兵力は想像を絶するものへと進化しており、人類は為す術もなく、再度の絶滅の危機を迎える。

原題:Independence Day: Resurgence / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2016年7月9日 / 上映時間:120分 / 製作会社:Centropolis Entertainment / 配給:20世紀フォックス / 製作費:1億6500万ドル / 興行収入:2億6900万ドル

【無料動画】

今度の宇宙船もデカい!『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

映画といえばとにかくド派手な映像を楽しみたいという人も多いですが、そんな需要にこたえる大作も動画配信サービスを利用してお得に見ることができます。ネット配信だと画質が良くないのではと心配する声もありますが、心配ありません。DVDと遜色のないハイクオリティな映像が配信されていますし、レンタル店でDVDを借りるよりも、そのまま高画質な映像をテレビでも楽しめるこのサービスは、病みつきになるような魅力がいっぱいです。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「インデペンデンス・デイ リサージェンス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『インデペンデンス・デイ リサージェンス』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ローランド・エメリッヒ(関連作品:『ホワイトハウス・ダウン』、『2012』)
脚本:ニコラス・ライト、ジェームズ・A・ウッズ、ディーン・デブリン、ローランド・エメリッヒ、ジェームズ・バンダービルト
撮影:マルクス・フェルデナー
音楽:トーマス・ワンカー、ハラルド・クローサー

★【キャスト】
リアム・ヘムズワース、ジェシー・アッシャー、トラビス・トープ、マイカ・モンロー、セラ・ウォード、シャルロット・ゲンズブール、ビル・プルマン、ジェフ・ゴールドブラム、ブレント・スピナー、ジャド・ハーシュ

★【雑学(トリビア)】
・前作の主人公であるヒラー大尉は、戦闘機のテスト飛行中に事故死したという設定になっている。
・当初は2部構成として企画されていた。

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
5.2/1030%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
とくに前作を見ておく必要はなしです。ある日、超巨大な宇宙船が地球を襲ってきたという単純明快なストーリー。そして、この宇宙船がデカイ。とにかく馬鹿デカイ。映像のインフレ具合がとんでもないことになってます。これはデカイスクリーンで見るべきなのですが、見ていると確実に目が疲れてくるのであまり健康に良くはありません。ということで、適度な休憩を挟めるような媒体で体の調子を整えながら鑑賞するのがいいでしょう。
●映画フリー
さすがローランド・エメリッヒ監督、やりたい放題です。そこらへんのアメコミ映画に負けてたまるかと言わんばかりのド派手さに感服。今回は宇宙モノと怪獣モノの要素もあるのですから。これからも好き勝手に映画を作ってほしいところです。とくに終盤の展開は全観客が総ツッコミを入れたとかいないとか。宇宙人だちは意外にバカなのかもしれない。もしかしたら良い奴で案外共生できるんじゃないか。そんな人類の希望も湧いてくる。