ワイルド・ルーザー

ワイルド・ルーザー

極限のスピードで切り開け

ポルシェやフェラーリ、ランボルギーニといったヨーロッパの高級スポーツカーで繰り広げられるストリートレースを描いたスペイン製レース映画。観客を巻き込んだ事故を起こしたため、競技レーサーとしての資格をはく奪されたミゲル。新たな生きる目的を探していた彼の前に、ミステリアスな美女アリが現れ、ミケルは心を奪われる。アリは、窃盗グループのリーダーでストリートレースの凄腕レーサーでもあるナバスの恋人で、アリを通じて違法レースの世界に魅せられたミケルは、アリを振り向かせ、新たな生きる道を見出すために決死のストリートレースに挑む。

原題:Combustion / 製作:スペイン(2013年) / 日本公開日:2014年5月17日 / 上映時間:104分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『ワイルド・ルーザー』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ダニエル・カルパルソロ
撮影:ダニエル・アラーニョ
音楽:カルロス・ジーン

★【キャスト】
アレックス・ゴンザレス、アドリアーナ・ウガルテ、アルベルト・アンマン

★【感想・批評】

●映画フリー 
美男美女がでてきてカーアクションするというお約束のやつ。主人公が強盗団の女なのか、元レーサーの男なのかはっきりせず、彼らの行動も優柔不断で全く筋がないのが、まさにこのジャンルらしい要素。とりあえずカッコいい感じでテンションあげていこうぜ!というノリがよく伝わってくる。元レーサーの男が婚約していた宝石商の女が一番の被害者な気もするが、そこに対する救済なんて考えないのが、こいつらのおもてなし精神なのである。
●映画FUN
スペインだったのか、作っているの。カーレース的なアクション映画といえば、アメリカ、フランス、イタリアといろいろなとこが作っているけど、流行っているのかな。その点、日本は広くて長いコースがないから、まず撮影もできないし、厳しいんですよね。イニシャルなんとかも実写化はきつそうだし。車を自由に走らせるってフリーダムな企画が通るのも、国によって格差があるのだなと痛感する毎日。そして、今日も交通ルールを守るのです。
●OPENLOAD 
ストリートレースを題材にしているがカーアクションは最小限におさえられている。大作映画の派手さはないのでそこに期待してはいけない。聴衆にエキサイティングなレースカー・スリル・ライドを与えることを超えて、ダニエル・カルパソーロ監督は、聴衆をリードキャラクターに関連させて、同時にそれを嫌うように、十分なひねりを加えました。私は外国映画、ハリウッドの方法よりも私に印象を与えることができるものが大好きです。
●SHAREVIDEOS 
このエキサイティングな映画には、スリル、騒がしいアクション、陰謀、壮大なカーレース、三角ラブストーリーが収録されています。この映画が私の期待を吹き飛ばしたと言わなければならない。ここで起こっていることはすべて私が驚いて、私が期待していなかったすべての紆余曲折でした。誰がこれは高速かつ激怒の安価な複製であると言うが死んで間違っている。豪華な車やレースがあることに加えて、シンプルなシナリオが引き立てている。