劇場版 K MISSING KINGS

劇場版 K MISSING KINGS

「K」、ついに映画化

7人の覆面作家集団「GoRA」が原作・脚本を手がけ、2012年にテレビ放送されたオリジナルアニメーションで、7人の「王」と呼ばれる存在や、その下へ集った特異能力者たちの戦いを描いた「K」の劇場版。4人の「王」が交錯した学園島事件以降、白銀のクランズマンである夜刀神狗朗とネコは、生死不明となった主であり「白銀の王」のであるシロの行方を追っていた。しかし、なかなかその手がかりをつかめず、気を落としていた2人は、「赤の王」を主とする能力者集団「吠舞羅(ホムラ)」のメンバーである鎌本力夫と櫛名アンナが、何者かに追われている場面に遭遇し…。

原題:劇場版 K MISSING KINGS / 製作:日本(2014年) / 日本公開日:2014年7月12日 / 上映時間:74分 / 製作会社: / 配給:ムービック

【無料動画】

映画『劇場版K MISSING KINGS』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

熱烈なファンに支持されている作品はそれだけの魅力が存在する証拠であり、これから始めてみる人でも全然楽しめるユニークな一作です。そんな作品を満喫したいなら、人気も増えている動画配信サービスを活用してみましょう。そのサービスはさまざまなメリットがありますが、アニメについては作品数の充実さもあり、テレビ放送していない地域ではリアルタイムで追いかけるためにも必須のサービスとなっており、要注目です。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「劇場版 K MISSING KINGS」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『劇場版 K MISSING KINGS』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:鈴木信吾
キャラクターデザイン:鈴木信吾
音楽:遠藤幹雄

★【キャスト(キャラクター)】
浪川大輔(伊佐那社)、小野大輔(夜刀神狗朗)、小松未可子(ネコ)、津田健次郎(周防尊)、櫻井孝宏(草薙出雲)、堀江由衣(櫛名アンナ)、福山潤(八田美咲)、中村悠一(鎌本力夫)、杉田智和(宗像礼司)沢城みゆき(淡島世理)、宮野真守(伏見猿比古)、佐藤聡美(雪染菊理)、梶裕貴(十束多々良)、森田成一(御芍神紫)、名塚佳織(平坂道反)、下野紘(コトサカ)、興津和幸(比水流)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.5/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
オサレ設定てんこもりアニメ作品Kをテレビアニメでも楽しめた方々は絶対に見るべき一作です。それぞれキャラクターのファンの気になっていた部分が丁寧に描かれています。重要な変化を遂げているキャラもいます。本編が長すぎないので、集中して見られる上映時間にも感謝。Kというアニメはいい意味で綺麗なMV(ミュージックビデオ)みたいですね。考えるよりも感じろ、という。描かれない部分を想像するのも楽しいです。
●映画FUN 
とある部分のエピソードには思わず泣いてしまいました。黄金の王の最期を看取り、もう逃げないと口にしたシロの今後の行動は?といった感じで今回の劇場版でさらに話が広がったような。つまり、これはここで終わっちゃダメです。このお預けは困ります。バツとしてさらに作品を作り続けてください。本当にお願いします。そしたらまた何百回でも観ますから。Kの世界に浸っていたいです。
●BILIBILI
劇場版と名をうってはいますが、TV版の続編であり、次の展開への序章といった印象を受けるお話です。見終わった率直な感想は、「で、続編はいつですか?」と言いたいところ。パッと思いつくだけでも、新しく赤の王として覚醒したアンナと新生吠舞羅の今後の動向は? 王殺しの負荷を少なからず受けている宗像室長の安否は? シロが唯一の障害だという緑の王、比水流の計画とは?元無色の王の弟子同士の決着は? 疑問が尽きない。
●CRUNCHYROLL 
あとはTV版ではいがみ合っている印象があったクロとネコが10ヵ月の間に仲良くなっているんだなというのが二人の掛け合いや行動から見てとれて良かったです。掛け合いと言えば最後あたりの黄金の王もとい中尉とシロの穏やかなやり取りも個人的には良かったです。このやり取りからのシロの静かな決意は中尉に対しての誠意の表れだと思いました。アクションとTV版から増強されたお色気とちょっとでも興味を持って頂けたら見てほしい作品です!