ぼくたちの家族

ぼくたちの家族

バラバラになっても、またひとつになればいい

映画『ぼくたちの家族』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『ぼくたちの家族』の動画を無料で見たい方は記事中段の動画リンク(VOD)をチェックです。

石井裕也監督が、母親の病気をきっかけに、さまざまな問題に直面した家族が、再びひとつになっていく姿を描いたドラマ。製作には竹内力、小西啓介、狩野善則、堀義貴などが名を連ねる。ごく平凡な一家の母・玲子は物忘れがひどくなり、病院で検査を受けると、末期の脳腫瘍で余命1週間と宣告される。人生の終わりが唐突に告げられ、どうすればいいのかもわからない。玲子は家族がバラバラになることを恐れながらも認知症のようになり、家族にひた隠しにしてきた本音を吐露。突然訪れた事態に父は取り乱し、社会人の長男は言葉をなくし、大学生の次男は無理をして平静を装おうとする。残された男3人はさまざまな問題と向き合いながら、最後の「悪あがき」を決意する。

原題:ぼくたちの家族 / 製作:日本(2014年) / 日本公開日:2014年5月24日 / 上映時間:117分 / 製作会社: / 配給:ファントム・フィルム

映画『ぼくたちの家族』予告編

©2013「ぼくたちの家族」製作委員会


▼動画リンク▼

※ All Legal VoD Service

VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービス:VODを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。期間内の解約でお金はかかりません。以下の紹介サービスで視聴可能性が大。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
AuVideo
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket
▼Gyao(登録必要なし)
▽過去に無料配信されました
Gyao

▼『ぼくたちの家族』の無料動画を見る方法▼

1. バナー表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
いろいろな悩みを抱えながら自分らしさを追い求めていく人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用するのが良いです。ネット配信はレンタル店でDVDを借りる以上に便利。今ではウェブサイトにアクセスして動画を探せるこのサービスがスタンダード。スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、ゲーム機器と自由自在に視聴スタイルを変更できます。

「無料」は全て初心者のため!
しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しトライアルコースというお得なメリットがあります。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ぼくたちの家族」の再生はダメです。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

あなたの選択は自由!
作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全て共通ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。「ぼくたちの家族」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「ぼくたちの家族」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ぼくたちの家族」でもあります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieが有効でなければいけないこともあります。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「ぼくたちの家族」は? 基本的には初回の月額料金もしくは一定期間に限り料金の支払いが発生しないという意味です。また、無料で見られる作品はサービスによって異なります。配信している全ての作品が対象になるものもあれば、ある程度を対象に無料作品が限定される場合も。またポイント制のサービスでは初月は無料で一定のポイントがもらえ、それを使うことで作品が見られるものも。この違いが一番混乱する部分なので各サイトでの予習がとても肝心です。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。もし解約が困難な仕様だったら…と不安がるのも理解できます。けれども解約は1分もかからない短時間で完了します。各サービスによって細部は異なりますが、基本は同一。まず用意された解約ページにアクセス。登録情報を入力して本人確認します。続いて「契約を解除する」を選択。その後に本当にそれでいいのかと忠告が表示されたり、アンケートが画面に出たりしますが、テキトーに進みます。それで終わり。電話をすることもなし。あっという間です。

『ぼくたちの家族』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ぼくたちの家族』の作品動画をさらに知る▼

★スタッフ
監督:石井裕也(関連作品:『舟を編む』)
脚本:石井裕也
撮影:藤澤順一
音楽:渡邊崇

★キャスト
妻夫木聡、原田美枝子、池松壮亮、長塚京三、黒川芽以、ユースケ・サンタマリア、鶴見辰吾

★『ぼくたちの家族』の評価

IMDbRotten TomatoesMetacritic
????%??
映画.comYahoo!Filmarks
3.8???3.8
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★『ぼくたちの家族』の感想

●映画フリー 
家族ものはお涙頂戴になりがちだけど、この映画にはわざとらしさがない。だから自然に涙が溢れてしまった。ダメな親父と兄弟の関係が母の病気と共に少し変わっていく過程にうるっと来た。壊れかけた家族だけど、お互いがお互いを支えあって少しずつ前進していくストーリーはとてもスッキリするし、前向きさに微笑ましく、また羨ましさも感じました。きっと見る人の人生によって印象は変わるし感情移入ポイントも変化するはず。個人で良さあり。
●映画FUN  
平凡な家族に突然訪れた、母の脳腫瘍の発覚。そこから明るみに出る家庭のもろもろの現実に、家族一丸となって必死であがき苦しみながら立ち向かう。タイトルもジャケットもベタベタな感じがするけど、そんな軽いものじゃなかった。陳腐な演出で、泣かせようとする映画でも当然ない。オープニングのあの感じで、これは名作だと確信してたけどすべての配役が完璧でした。それぞれの家族メンバーの生き方に説得力があるのがとても素晴らしいです。
●BILIBILI 
死にゆく母のためにハワイに連れて行ってあげて、みんなに見守られながらなくなり残された家族の絆がまた深まるという平凡なヒューマンドラマだったと記憶しているのだけど、普通な話を観たい人にはいい映画。男3人でなんとか病にかかった母を支えていく。たぶん人であれば絶対に人生の先にあるのが介護なので、これは無視できないのですよ。その意味ではこの映画は観ておいた方がいいかもしれない。予行練習だと思って真剣になるといい。
●DAILYMOTION 
母親が病気になって家族が一致団結する感じは何となく経験したこともあり共感。びっくりするぐらい家族は一致してこの事態を乗り越えたのを覚えている。それは上手くできたとは思わないけど、それがあのときのベストだったと思う。あれ以上の結果は出せない。家族の物語だから、エンドロールで4人の名前が一列に並んでいたのがすごく良かった。腐っても喧嘩しても分かれても、家族は家族。最後にひとつになるしかないのだろうね。