現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

ヒメアノ~ル

めんどくさいから殺していい?

映画『ヒメアノ~ル』のフル動画を無料視聴する手段を紹介中! 詐欺&騙しサイトは無し。
今すぐ『ヒメアノ~ル』の動画リンクへ。

古谷実による同名コミックを、「V6」の森田剛主演で実写映画化。森田が、次々と殺人を重ねていく主人公の快楽殺人犯・森田正一役を演じ、吉田恵輔監督がメガホンをとった。エグゼクティブプロデューサーは田中正と永田芳弘。平凡な毎日に焦りを感じながら、ビルの清掃のパートタイマーとして地味ながらも働いている岡田は、同僚の安藤から思いを寄せるカフェの店員ユカとの恋のキューピッド役を頼まれる。純粋な思いをサポートしてあげることにはためらう理由もない。しかし、それは惨劇の始まりだとは思いもしなかった。ユカが働くカフェで、高校時代に過酷ないじめに遭っていた同級生の森田正一と再会する岡田だったが、ユカから彼女が森田にストーキングをされているという不気味な事実を知らされる。そんな悩みを打ち明けられつつ、しだいにコミュニケーションを深めて愛の関係性を深めていく二人だったが、それを黙って森田が見ているはずはなかった。そして、闇夜から悪魔のごとく邪悪な存在がついに動き出す。

原題:ヒメアノ~ル / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年5月28日 / タイム:99分 / プロダクション:ジャンゴフィルム / 配給:日活

(C)古谷実・講談社/2016「ヒメアノ~ル」製作委員会


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼『ヒメアノ~ル』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスはじゅうぶん満足できるでしょう。そんなバイオレンスな映画をフルビデオでシネマ体感するなら、人気も増えている動画配信サービスを活用できないか検討してみましょう。よくありがちなのが、レンタル店でDVDを借りたあとに配信に気づいてしまうこと。そうなるとそれまでの貸し借りの苦労が無駄になるので、事前にしっかり下調べして、ウェブサイトにアクセスして配信のチェックをしましょう。

しかも、スタートはラクチン。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

違法サイトは使ってはいけません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品もコロコロとめまぐるしく変化します。新しく配信されたり、配信が終了するものもあって、流動的です。「ヒメアノ~ル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示バナー画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『ヒメアノ~ル』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ヒメアノ~ル』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:吉田恵輔(関連作品:『銀の匙 Silver Spoon』、『麦子さんと』)
脚本:吉田恵輔
撮影:志田貴之
音楽:野村卓史

★俳優
森田剛、濱田岳、佐津川愛美、ムロツヨシ、駒木根隆介、山田真歩、大竹まこと

★コメント
・濱田岳「(森田剛との共演について)ラストシーンの撮影のときに聞いたんですよね、今までひどいシーンをずっと撮ってきて気持ちが滅入ったりしないですか?って。そうしたら、役の森田のままの流れで“いや、滅入りますよ”って言われたときの、鳥肌といったら…!」

★『ヒメアノ~ル』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.8 ??? 3.8
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『ヒメアノ~ル』の反応
・週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑鋭い批評が炸裂。

●Cレポーター
強烈ながらもどこか切なく、心が締め付けられるオカルトサイコパス。最近の邦画の中ではトップクラスの出来なのではないだろうか。初めはラブコメディであり爆笑できるシーンも沢山あるが、そういうシーンの隙間に森田剛演じる森田くんが不吉に映る。そして、ラブコメは終わりだとばかりに動き出した瞬間の恐怖。ついに始まった狂気。彼のしていることはただの殺人には変わりない。でもそこの裏側を見てしまったとき、なぜこうも胸が苦しいのか。
●SPACEMOV 
平和な日常生活の中にも精神崩壊したサイコキラーとの接点が存在し得る可能性を自然と描いていて、普通に怖かったし、たぶんこうやって凶悪事件は起こるのだと思う。そして、凄いのはそれだけでスリラーとして終わらせず、サイコパスの心の内側にもしっかり迫っていく部分だと思う。単に犯罪者では片づけない目線。自分にもこうやって疎遠になっていく友人、信頼を裏切った友人がいたかもしれないと、思い出を辿ってしまう不思議な体験だった。