アメリカ・ワイルド

これがアメリカの大自然

映画『アメリカ・ワイルド』のフル動画を無料視聴する手段を紹介中! 詐欺&騙しサイトは無し。
今すぐ『アメリカ・ワイルド』の動画リンクへ。

アメリカ国立公園事業100周年を記念した作品で、米国内の大自然や絶景をIMAX 3Dで体感することができるアドベンチャードキュメンタリー。製作はショーン・マクギリブレイ。イエローストーン、ヨセミテ、エバーグレーズなど、壮大なアメリカの自然の中を、プロの登山家たちが時に徒歩で、時にマウンテンバイクで縦走し、その様子をIMAX専用カメラでダイナミックに撮影。通常では味わうことの難しい人類の知らない大自然の迫力をスクリーンや動画体験で味わうことができる。

原題:America Wild(「アメリカワイルド」) / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2016年5月21日 / タイム:43分 / プロダクション: / 配給:さらい 

「アメリカ・ワイルド」予告編

(C)VisitTheUSA.com


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼Netflix(1か月無料)

▼『アメリカ・ワイルド』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
壮大な自然と映像を満喫できるビジュアル重視のドキュメンタリーはじゅうぶん満足できるでしょう。そんなビューティフルな作品をフルビデオでシネマ体感するなら、動画配信サービスを活用しましょう。画質が心配ということも今はありません。ネット配信はすでにハイクオリティな映像を届けることができ、サービスによっては4Kに対応しています。スマホでもいいですし、パソコンでもOK。テレビを利用すれば、大画面でじっくり堪能できます。

「無料」を見逃すな!
失望することはありません。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

ダメなこと!
違法サイトは使ってはいけません。それで「アメリカ・ワイルド」の鑑賞はダメです。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

使うべきはどれ?
GOODな作品からGREATな作品までVODは勢揃い。その充実さは一度味わえばもはや離せないです。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信スタートする新鮮な作品から、終了するものまで実にガラリと変わってしまいます。「アメリカ・ワイルド」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フリムビ2では質の高い情報を掲載しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

配信はいつ終わる?
配信終了日時はおおまかにわかりますので、フリムビ2でも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はその日のうちにページ上での取り扱いを最終確認しなくてはいけません。「アメリカ・ワイルド」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

広告ブロックに気をつけて
広告ブロックはトラブルも多いです。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。「アメリカ・ワイルド」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

高画質で見られる?
高画質で動画を見たい人も必見。画質は選択可能なので、マシンパワーに会わせてパーソナルな環境にマッチする画質で綺麗な「アメリカ・ワイルド」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
視聴媒体が自由自在のVOD。その中でも最高級にリッチな体験ができるのはホームシアターです。自宅にホームシアターシステムを構築できれば、もはやスマホやパソコン鑑賞なんて馬鹿らしく思えるほど。映画館を家に用意してチケットも要らずに無料で出入りしているようなものです。「アメリカ・ワイルド」も最高級に。夢のような時間を過ごせます。

『アメリカ・ワイルド』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『アメリカ・ワイルド』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:グレッグ・マクギリブレイ
脚本:スティーブン・ジャドソン、ティム・カヒル
音楽:スティーブ・ウッド

★俳優
コンラッド・アンカー、マックス・ロウ、レイチェル・ポール、ジョー・ウィーガント

★『アメリカ・ワイルド』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.8 ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.5 ??? 3.8
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『アメリカ・ワイルド』の反応

●Mコメンテーター
アメリカの国立公園と聞くと行ったことがなくても絶対に壮大な自然が存在し、圧倒的な光景を目いっぱい見られるのだろうなということは想像がつく。そしてその想像はだいたい間違っていない。実際に大自然は本当に雄大で偽りなしの美しさだ。しかし、それらをすべて見ようと思えば予算的にも時間的にもかなりきつい。なにしろ広い。とんでもなく広大だ。でも安心してほしい。すぐに鑑賞するだけで行ってきたような体験ができるのだから。
●Cレポーター 
この作品はそのアメリカの国立公園をまるで行ってきたかのように体験できる。実にリアルな映像が素晴らしい技術でもって繰り広げられる。現地でもこんな風景は見られないくらいの体験なので、むしろこちらのほうがいいかもしれない。ただでさえ国土が広すぎるアメリカ。それを全て知るのはアメリカ人であっても不可能に近い。開拓によって土地は大きく変わったとはいえ、大部分は今もあの姿を残している。それがアメリカなのだ。
●OPENLOAD
日本版はないのですか。ここは普及のために一作必要じゃないですか。この作品の広告費を別に使ってほしかったかな。でも、これのノウハウを次の日本の作品にぶっこむならこれもありかな。いつかそういう作品が観たいのです。さすがにこのスケールには敵わないかもしれませんが。風景映像なので、ただなんとなく画面で流しているだけの、作業用映画としてはぴったりですので、ぜひ気軽にワイルドに浸りましょう。
●Bジャーナリスト
もちろんわかります。アメリカの国立公園記念作品として製作されたこの映画。非常に価値があるのは否定できません。誰だってこのフィールドを観れば感動するでしょう。でも、ひとつ言わせてほしいのです。なぜ日本の国立公園を題材にしないのかと。こんな作品を公開する前にまずやるべきことがあるでしょう。日本人は日本にある多くの国立公園を認知すらしてないほど、関心低いです。もしかしたらアメリカ人も同じなのかもしれませんけど。