きみがぼくを見つけた日

きみがぼくを見つけた日

あなたの好きな人が時を超えたまま帰ってこれなかったら…

自分の意思とは関係なく、時空を超えて過去や未来へ行き来してしまう男ヘンリーと、そんな彼と運命的な出会いを果たし、結婚した女性クレアの生涯の恋を描いたラブストーリー。「ゴースト/ニューヨークの幻」の脚本家ブルース・ジョエル・ルービンが、ベストセラー小説を脚色、「フライトプラン」のロベルト・シュベンケ監督がメガホンを取った。

原題:The Time Traveler's Wife / 製作:アメリカ(2009年) / 日本公開日:2009年10月24日 / 上映時間:110分 / 製作会社:Plan B Entertainment / 配給:ワーナー・ブラザース

【無料動画】

「きみがぼくを見つけた日」予告

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ロベルト・シュベンケ
脚本:ブルース・ジョエル・ルービン
撮影:フロリアン・バルハウス
音楽:マイケル・ダナ

★【キャスト】
レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ、アーリス・ハワード、ロン・リビングストン、スティーブン・トボロウスキー

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
白馬に乗った王子様…とまではいかなくても、理想の人が突如として出現しないだろうか。そんなことを夢想する人はたくさんいる。でもそんなことが叶う手段がある。そう、タイムトラベルが存在しているなら。この映画は、タイムトラベル能力をもつ男性と、タイムトラベル先で出会った少女との恋愛ドラマ。裸で現れたりタイムトラベル能力が遺伝性であったり、なかなか突っ込みどころ満載だけど、こうあってくれというピュアな夢が詰まった作品なのです。
●映画FUN 
誰か私を見つける日はくるのかな~。そんな妄想はもういいって? はい、わかりました。そうですよね、映画みたいなことは起こらないですよね。本作は何かよく似た邦題の映画が多い気がします。「きみ」「ぼく」「見つける」「日」このフレーズを組み合わせることで、たぶん無数に邦題が作れますよ。なので、本作を借りる際は勘違いしないように気を付けましょう。レイチェル・マクアダムスが出ているやつと覚えればOKですけど。
●BILIBILI 
SF要素はあるものの、恋愛がメインテーマなので、あまり深くタイムスリップのトリックや辻褄を追求せずに見た方が満喫できる。男がタイムトラベルしまくるが、服は移動できないらしく、裸になる。そんなギャグもあるが、終盤以降は泣ける展開に。難しすぎない設定で大きな矛盾もなく仕上がっていて安心して観られた。どんどん未来へ繋がっていく感じが良かった。意外なSFの良作としてもかなりオススメできる作品じゃないでしょうか。
●FANDANGONOW 
自分たちの子供にもその遺伝子は受け継がれる。その子供が可愛くて、ラストにかけて感動して涙流した。レイチェル・マクアダムスは可愛くてキュートで観飽きない。ただのタイムリープ&甘ったるい恋愛モノやと舐めてましたが、工夫を重ねて意外性で攻めているので満足。邦題はヘンリーが主人公になっているのだけど、原題は「The Time Traveller’s Wife」で、クレアが主人公。このへんも理解しておくといいかもしれません。