スティーブ・ジョブズ(2015)

スティーブ・ジョブズ

巧みな映像と脚本で偉人の素顔を描く

監督ダニー・ボイルが、アップル社の共同設立者スティーブ・ジョブズの生き様を描いた伝記ドラマ。ジョブズ本人や家族、関係者へのインタビューを中心に執筆された伝記作家ウォルター・アイザックソンによるベストセラー「スティーブ・ジョブズ」をもとに、「ソーシャル・ネットワーク」でアカデミー脚色賞を受賞したアーロン・ソーキンが脚本を担当。1984年のMacintosh、88年のNeXT Cube、98年のiMacというジョブズの人生の中で最も波乱に満ちていた時期に行なわれた3つの新作発表会にスポットを当て、人々を魅了した伝説のプレゼンテーションの舞台裏を通し、信念を貫き通そうとする姿や、卓越したビジネスセンスを浮かび上がらせていく。さらに娘リサとの確執と和解といったエピソードも盛り込み、ジョブズの素顔を浮き彫りにする。

原題:Steve Jobs / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開日:2016年2月12日 / 上映時間:122分 / 製作会社:レジェンダリー・ピクチャーズ / 配給:ユニバーサル・ピクチャーズ、東宝東和 / 製作費:3000万ドル / 興行収入:3370万ドル

【無料動画】

映画『スティーブ・ジョブズ』

©Universal Pictures


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

さまざまな葛藤や苦悩を抱きながら大きな偉業を成し遂げた人物にスポットをあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く使うといいでしょう。ネット配信であれば、レンタル店でDVDを借りる場合ではありえないメリットも多数。例えば、探しにくい映画でも簡単に見つかります。わざわざ時間を作って店に行く必要からも解放されて、有効に時間を応用できます。

「有料だからな…」とガッカリしないでください。無料でお試しができるキャンペーンがあるので心配無用です。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「スティーブ・ジョブズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2ではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。DVDやブレーレイであればどちらも用意されていることが多いですが、VODでも整備されているものがあります。その形態はサービスによって異なるのですが、片方だけのものもあれば、両方から選択できる場合も。中には英語字幕をチョイスできたりもするので、語学学習に使う人もいます。映画によって字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、原則的にクレジットカードを登録するのが前提になっています。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

『スティーブ・ジョブズ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ダニー・ボイル(関連作品:『127時間』、『スラムドッグ$ミリオネア』)
脚本:アーロン・ソーキン
撮影:アルウィン・カックラー
音楽:ダニエル・ペンバートン

★【キャスト】
マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・スタールバーグ、キャサリン・ウォーターストン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.2/1086%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.3/5.0???/5.003.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第73回ゴールデングローブ賞で最優秀助演女優賞、最優秀脚本賞を受賞。

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。
町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

●映画FUN  
スティーブ・ジョブズという人間に特化している映画なのでアップル製品がどうやってできたかなどは描かれていないということは肝に銘じてく必要がある。そういうアップルができるまでみたいな作品は伝記映画としてすでにあるので、気になる人はそちらを視聴するといいだろう。この映画ではこのイカレタ人間の人間性が少しずつ変化していく過程を、実に巧みなシナリオで見せていく脚本構成こそが魅力。この無駄のないデザイン。まさにアップル。
●VUDU  
3つの新作発表会の舞台裏に焦点を当てたことで、相当に絞られたエピソードが描かれる。彼の存在はITに詳しくない人でも知っている人ほど有名だが、実はそのクセの強いキャラクター性はあまり知られていない。それでもそのクレイジーさをあえてメインにせずに、フルスピードなトークで一気に勢いで押し通すあたりは非常に練られている。とくに行動やしぐさの変化に注目してほしい。最後の発表会、彼はどう変わったのだろうか。脚本のお手本だ。