アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

ドローン作戦をめぐる緊迫のリアル戦争ドラマ

ギャビン・フッド監督が、ドローンが活躍する現代の戦争を緊迫感のあるドラマとともにリアルに描き出す戦争サスペンス。英軍のキャサリン・パウエル大佐は、イスラム勢力のアル・シャバブに加わった急進派の英国市民の女性を追って、ケニアの隠れ家を突き止め偵察のドローンを飛ばしたところ、そこにはテロリストの幹部らが潜伏し、着々と自爆テロ決行の準備が進められていた。目的は爆撃に変更されるが、爆撃範囲内で遊ぶ女の子を発見する…。

原題:Eye in the Sky / 製作:イギリス(2015年) / 日本公開日:2016年12月23日 / 上映時間:102分 / 製作会社:Entertainment One、Raindog Films / 配給:ファントム・フィルム / 製作費:1300万ドル / 興行収入:3460万ドル

【無料動画】

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』予告編

(C)eOne Films (EITS) Limited


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

1. バナー表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

人類が犯してきた負の歴史を代表格である戦争の現実を見せつける映画はそれだけの見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな作品をお得に見るなら、動画配信サービスを利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもの。どちらも便利ですが、使用感覚は異なるので、事前にしっかり下調べして損をしないようにしておきましょう。

しかも、無料お試しトライアルコースというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作品まで、ズラッと並ぶ映画は魅惑的で、今すぐ見たくなります。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。フリムビ2ではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。DVDやブレーレイであればどちらも用意されていることが多いですが、VODでも整備されているものがあります。その形態はサービスによって異なるのですが、片方だけのものもあれば、両方から選択できる場合も。中には英語字幕をチョイスできたりもするので、語学学習に使う人もいます。映画によって字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。無線LANを利用している人は視聴端末をルーターに近づけるか、無線LANの電波を強化するようなシステム(中継機の活用がベスト)を用意するのが良いです。別の特定の無線チャンネルの通信が不安定になっている可能性もありうるので、無線チャンネルを変更するのも効果的な手です。

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:ギャビン・フッド(関連作品:『エンダーのゲーム』)
製作:ジェド・ドハーティ、コリン・ファース、デビッド・ランカスター
脚本:ガイ・ヒバート
撮影:ハリス・ザンバーラウコス
音楽:ポール・ヘプカー、マーク・キリアン

★【キャスト(キャラクター)】
ヘレン・ミレン(キャサリン・パウエル大佐)、アーロン・ポール(スティーヴ・ワッツ)、アラン・リック(マンフランク・ベンソン中将)、バーカッド・アブディ(ジャマ・ファラ)、ジェレミー・ノーサム(ブライアン・ウッデール)、イアン・グレン(ジェームズ・ウィレット英外相)、モニカ・ドラン(アンジェラ・ノース)、フィービー・フォックス(キャリー・ガーション)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.3/1095%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.9/5.0???/5.003.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
S(必見の傑作)

★【感想・批評】
・町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

●映画フリー
洋画版「シン・ゴジラ」って感じでしょうか。様々な関係者の葛藤がリアルに描かれていました。戦場にいない指示する人々が責任を回避し合って最優先事項が遅延し、現場にしわ寄せがいくという光景は私たちでもよく目にします。それが戦場だから人の生死に関わる。笑い事では済まされません。全編に渡り緊迫感があり、目が離せないまま、最終的な結末に茫然とする。とてつもなく重いものを心に刻み込んでくる名作でした。戦争映画の新たな名作。
●OPENLOAD 
さすがイギリス映画というか、アメリカ映画なら無理だろうなというオチ。政治の普遍的な命題にストレートに問いかけている傑作でした。「世界一安全な戦場」っていう副題は本当にその通りだし、アル・ジャバブの戦闘員達が車から機関銃を下ろして少女を乗せるシーンがとても皮肉。今までの戦争映画の中で一番戦争の本質と言う物を思い知らされた気分。戦争は誰かの犠牲で成り立ち、それは選択の積み重ね。もし自分がその選択を迫られたら…。