アタック・ザ・ブロック

アタック・ザ・ブロック

エイリアンを倒すのは町のチンピラだ!

「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のエドガー・ライトが製作総指揮を務め、ニック・フロストが出演、新人ジョー・コーニッシュ監督が手がけたSFパニックアクション。ロンドンの貧しい公共団地で荒んだ生活を送る不良少年たちは、毎晩騒いでは住民を困らせていた。そんなある日、街に凶暴なエイリアンが襲来し、不良少年たちは家族や友人を守り、街を救うために立ち上がる。

原題:Attack the Block / 製作:イギリス(2011年) / 日本公開日:2012年6月23日 / 上映時間:88分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:ジョー・コーニッシュ
脚本:ジョー・コーニッシュ
撮影:トム・タウネンド
音楽:スティーブン・プライス

★【キャスト】
ジョディ・ウィッテカー、ジョン・ボヤーガ、アレックス・エスメイル、フランツ・ドラメ、リーオン・ジョーンズ、サイモン・ハワード

【無料動画】

映画『アタック・ザ・ブロック』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年1月17日) 
ロンドンの貧しい社会の底辺で暮らす少年たちの前に地球外生命体が現れた!という話。エドガー・ライトが製作総指揮ということで、確かにそれっぽいノリを感じる部分もあります。エイリアンに対してぼやきながらも対抗しようとする姿も素直に応援したくなるし、その倒し方も確かにこいつらならこんな手段を使ってきそうというリアルさもあるので、楽しいです。若かりし頃のジョン・ボイエガもいい味だしている。
映画FUN (2016年1月23日) 
SFといっても小規模な作品なので少年成長ドラマとして満喫してください。「フォースの覚醒」で有名になる前のジョン・ボイエガが出ているのも魅力。英語が汚すぎてまったく聞き取れないぐらいのバリバリな労働者階級の下っ端少年たち。アホな話に見えつつ、団地の王の交代劇という神話チックな要素も感じた。モーゼスの気合の入りすぎた15歳ぶりが一周回ってリアル。ある意味、格差社会の底辺の反撃でもあるのがユニーク。
OPENLOAD (2016年1月24日) 
イギリス発の青春系SFアクションコメディの佳作。大人ではなく子供がエイリアンに立ち向かうという設定はどことなくマックイーンの絶対の危機を彷彿とさせて良かった。ちゃんとエイリアン達が意外とかなり凶暴で人間の首を噛みちぎったりなどの残虐プレイを見せてくれたのもナイスな演出です。戦う武器もロケット花火に爆竹、包丁やらさっきも言った日本刀やら、かと思えば水鉄砲。これもなんか日本人にも親しみを感じる。
海外コメント (2016年1月29日) 
ジョー・コーニッシュは、私が想像することのできない方法で公正な予算を作る方法を巧みに見つけました。この映画は執拗なものであり、88分でアクションと強さを維持しています。この映画がかなり面白いと思う。私は、そのアイデアはオリジナルであり、たくさんの笑いや面白いキャラクターがあり、エイリアンは面白いやり方で行われたと言っています。エイリアン・ビーストと人間の勇気のシナリオを永続させ、活力とエネルギーで家を崩壊させる。