シン・ゴジラ

日本を再び震撼させた国宝級怪獣映画の復活

映画『シン・ゴジラ』のフル動画を無料視聴する手段を紹介中! 詐欺&騙しサイトは無し。
今すぐ『シン・ゴジラ』の動画リンクへ。

東宝が約12年ぶりに製作した「ゴジラ」シリーズの大作。エグゼクティブプロデューサーは山内章弘、プロデューサーは佐藤善宏、澁澤匡哉、和田倉和利。突如、東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出、同時に海底を通る東京湾アクアラインでもトンネル崩落事故が発生。その緊急事態はしだいに混乱していき、対応に迫られる。政府は原因を海底火山か熱水噴出孔の発生と見て対応を進める。粛々と進行する政治家たちと官僚。しかし、矢口蘭堂内閣官房副長官は、ネット上の一般人の動画や目撃報告から、いち早く巨大生物に因している可能性を示すが、そんなわけがないと一笑に付される。ところが、事態は予想をはるかに超える前代未聞の惨劇にまで悪化し、日本は未曾有の危機に直面する。この最悪を乗り越える手段はあるのか。

原題:シン・ゴジラ / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年7月29日 / タイム:119分 / プロダクション:東宝映画、シネバザール / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:82.5億円

『シン・ゴジラ』予告
『シン・ゴジラ』予告2

(C)2016 TOHO CO.,LTD.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼auビデオパス(30日間無料)
毎月540円相当のビデオコインがもらえるので、実質ではかなりのお得度。常に映画を観たい人には最高です。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『シン・ゴジラ』の無料動画は見れる?▼

世代を超えて末永く愛されている作品はそれだけの魅力がある証拠ですが、見ていない人も安心してください。動画配信サービスであればお得に鑑賞できます。ハイクオリティな映像を楽しみたいからネット配信は向いていないと思うなら早計です。これは高画質で配信していますので、DVDと遜色のないスケールの大きい映像を、テレビの大画面でくっきり細部まで見ることができます。もちろんスマホがいいという需要にも対応しています。

失望することはありません。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

違法サイトは使ってはいけません。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全部同一ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。「シン・ゴジラ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

『シン・ゴジラ』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『シン・ゴジラ』の作品情報▼

★製作メンバー
総監督:庵野秀明(関連作品:『風立ちぬ』、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』)
監督:樋口真嗣(関連作品:『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』)
脚本:庵野秀明
撮影:山田康介
音楽:鷺巣詩郎、伊福部昭

★俳優
長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、國村隼、柄本明、高良健吾、大杉漣、余貴美子、ピエール瀧、KREVA、小出恵介、斎藤工、塚本晋也、前田敦子、犬童一心、古田新太、市川実日子

★コメント
・長谷川博己「庵野監督が僕におっしゃったんです。“官僚や政治家の人たちは、一般よりも会話が速いし、そうやって即決・即断していかなければいけない職業なので、このくらい速くしゃべっているのが普通だよ”と。実際に映像を見せていただいたら、本当にあのくらいのスピードでやりとりをされていたので、自分たちもそうしたほうが、リアリティーが出るのだろうなと思っていました」
・石原さとみ「常に襲って来るプレッシャーと、役どころ的にもすごく孤独感があって、正直、辛いことも多かったです。胃が痛かった。台本を読んだとき、自分が観客としてこのカヨコというキャラクターを見たら、違和感があるだろうなと思ったんです。ずっと外務省で働いていた友だちや、アメリカで育って大学のときに日本に来た女の子にいろいろと教えてもらいました」
・竹野内豊「庵野さんは、本当に身を削って、ぶっ壊れそうになるくらいいろんなことを深く考えていらっしゃる方なので、凡人のわたしには監督が何を考えているかなんて理解できないです」

★豆知識
・アメリカ公開時の英題は「Shin Godzilla」だが、「Godzilla Resurgence」というタイトルも使われている。

★『シン・ゴジラ』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.7 84% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.9 4.01 3.9
フリムビ2推奨度
S(最高)

★『シン・ゴジラ』の反応
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑鋭い批評が炸裂。
・町山智浩の映画ムダ話『シン・ゴジラ』解説
 ↑独自の語り口が炸裂。

●無料ホームシアター 
ゴジラ映画の中でも個人的にはベストかもしれない。それくらいやられました。庵野秀明に脱帽です。話題を集めましたが日本人の怪獣魂に火をつけると同時に、これほど派手な大作でここまでの安定感はさすが。今までの子ども向けやオタク向け路線から脱し、万人が楽しい映画に仕上げたのはいいし、余計なこともしていないのもいい。恋愛とか、意味なく事務所ごり押しの俳優を入れるとかそんなことをしなくても面白い映画は作れる!
●Mコメンテーター 
ゴジラが怖い! 街を破壊するシーンの絶望感は凄まじく、観ていて呆然としてしまいました。名シーン、名言のオンパレードです。最初の政治家たちのオロオロな感じもコメディでいいし、そこからの自衛隊の活躍もいいし、何より熱線による絶望感。たまらないですね。ゴジラがしっかり恐怖の象徴になっているのは1作目のリスペクト。やはり震災を経験した日本の中にあるトラウマを刺激できるのはゴジラしかいない。これぞエンタメ邦画の最高傑作。