カルテル・ランド

カルテル・ランド

最後まで見れば必ず衝撃を受けるドキュメンタリー

「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督が製作総指揮を手がけ、2006年から続くメキシコ麻薬戦争の最前線をとらえた衝撃のドキュメンタリー。メキシコ、ミチョアカン州の小さな町の内科医ホセ・ミレレスは、地域を苦しめる凶悪な麻薬カルテル「テンプル騎士団」に対抗するべく、市民たちと蜂起する。一方、コカイン通りとして知られるアリゾナ砂漠のオルター・バレーでは、アメリカの退役軍人ティム・フォーリーが、メキシコからの麻薬密輸を阻止する自警団「アリゾナ国境偵察隊」を結成。2つの組織は勢力を拡大していくが、やがて麻薬組織との癒着や賄賂が横行するようになってしまう。

原題:Cartel Land / 製作:メキシコ・アメリカ(2015年) / 日本公開日:2016年5月7日 / 上映時間:100分 / 製作会社: / 配給:トランスフォーマー

★【スタッフ】
監督:マシュー・ハイネマン
撮影:マシュー・ハイネマン、マット・ポーウォール
音楽:H・スコット・サリナス、ジャクソン・グリーンバーグ

★【キャスト】
---

【無料動画】

映画『カルテル・ランド』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
89% Rotten Tomatoes
3.5 / 5.0 映画.com
3.79 / 5.00 Yahoo!映画
3.8 / 5.0 Filmarks

第88回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞にノミネート。

★【感想・批評】

●映画FUN (2016年6月1日) 
ドキュメンタリーを観終わった後、衝撃で茫然となった。自分がいかに籠の中の小鳥であるかを思い知らされた気分というのはこういう状況のことなのかもしれない。自分の中にある善悪なんていう指標は何の役にも立たないという現実。こんな世界が同じ地球上に存在するという恐怖。見ていない人にはさっぱりだろうが、本当に身震いする。「カルテル・ランド」はあなたの価値観を大きく揺さぶる作品である。そして、その衝撃を受ける価値はあるだろう。
●OPENLOAD (2016年6月4日) 
フィクションにあるような「正義の味方」は現実には存在しない。「悪」を倒せば終わるなんてありえない。そんなこと、子どもじゃないのだから知っている。そう思っていました。麻薬カルテルというのは悪なのか、それとも恐怖そのものなのか。まるで自分の世界と乖離してるために現実感がないけど、これがリアルに起きるって恐ろしい。メキシコ、愉快な国のように観光でも紹介されますが、怖いよ。観光で儲けたお金もカルテルに流れているのかな。
●SPACEMOV (2016年6月8日) 
描かれるのはメキシコだけではありません。メキシコとの国境で麻薬や不法入国を防ぐために自警団をやってるアメリカ人の退役軍人の活動も映していて、こちらの方は本場メキシコと比べるとそこまで過剰な暴力にまみれたりしてるわけではないのですが、この人たちの真剣さを見てると、アメリカでトランプが大統領になってしまった理由の一端が分かる気がしました。確かに隣にあんな国があったら、防衛したくなりますよ。でも壁では防げないけどね。