アンダルシア 女神の報復

アンダルシア 女神の報復

外交官は再び動く。何かを守るために

織田裕二が外交官・黒田康作を演じる映画「アマルフィ 女神の報酬」(2009)、ケータイドラマ「アマルフィ ビギンズ」(09)、TVドラマ「外交官・黒田康作」(11)に続くシリーズ新作。黒田が新たに赴任したスペインで、日本人投資家の殺人事件が発生。やがてその事件は全世界を揺るがす国際犯罪へと発展していく。黒田は事件解決のため、バルセロナからアンドラ、そしてアンダルシアを奔走する。

原題:アンダルシア 女神の報復 / 製作:日本(2011年) / 日本公開日:2011年6月25日 / 上映時間:125分 / 製作会社: / 配給: / 前作:『アマルフィ 女神の報酬』

【無料動画】

アンダルシア ~女神の報復 (2011) 予告

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

有名俳優が多数出演し、豪華な映像と舞台で楽しめる作品は、見ごたえがあるエンターテインメントです。そんな作品を可能な限りお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを活用してみましょう。このサービスの便利なところのひとつが検索機能。出演俳優の関連作を調べてそのままどんどん鑑賞していくことも可能です。また、スマホ、パソコン、テレビ、タブレットなど好きな媒体でも鑑賞できるので自由自在です。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「アンダルシア 女神の報復」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『アンダルシア 女神の報復』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:西谷弘
脚本:池上純哉
撮影:山本英夫

★【キャスト】
織田裕二、黒木メイサ、戸田恵梨香、福山雅治、伊藤英明、鹿賀丈史、谷原章介、夏八木勲

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.2/5.03.37/5.003.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】
・宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
アマルフィに続き、邦画の繊細さと洋画の大胆さが掛け合わされていて好きになる一作。冷静沈着な織田裕二と黒木メイサの理性を失ったような熱いキスシーンが美しく印象に残っています。少し複雑だった気もするがよく作り込まれているなと思いました。今作も観光地を巡ってはいましたが、前作よりも観光地を旅してますよ感は抑え目でちゃんとドラマしてました。派手なアクションはないものの、見ていて飽きない作りではあったと思います。
●映画FUN 
タックスヘイブンとマネーロンダリングがキーワードになっているのは現代意識なのかな。主要な人物たちはだいたい闇を抱える孤独な人でダークでブルーな空気感。そこにちょいちょい出てくる天然な戸田恵梨香にホッとする。まさに癒し。海外ロケなんだからもう少し綺麗な演出があるのかと思ったが、やっぱりそこは邦画。日本人の考えるなんとなく綺麗な異国の風景を映すだけで終わっていた。これが日本の限界なのか。
●BILIBILI 
日本版ジェームスボンドを目指したと思われるこのシリーズ。一作目はお世辞にもうまくいっているとは思えなかったし、出だしにしてはあまりに盛大にこけすぎた。しかし、そこからの2作目となる本作は、予想外の挽回を発揮したのではないか。あんだけ致命的な転び方をしてここまでの復帰なら大したものです。織田裕二さんのキャラ(黒田)が見慣れたのもあるでしょうし、伊藤英明さんの演技がギリ耐えれるものだったというのもありますが。
●DAILYMOTION
織田裕二や伊藤英明のクサイセリフは意外と好き。映画っぽくていいじゃない。昔感があるよね。福山雅治の彼女役の女性が綺麗。ただの女たらしの存在になっている福山はそれでいいのかと疑問に思うけど。アマルフィにくらべると、事件がちょっと複雑になっているので、整理しないとダメかも。冒頭の音楽と雪山のシーンが綺麗で好き。黒田のキャラクターは前作のほうが好きですが、今作になって少し成長している気もする。