3泊4日、5時の鐘

3泊4日、5時の鐘

杉野希妃が主演とエグゼクティブプロデューサーで参加

女優、プロデューサー、監督として国内外で活躍する杉野希妃がエグゼクティブプロデューサーを務め、小篠恵奈とともにダブル主演を果たした作品で、小津安二郎が脚本執筆の定宿として利用していたことでも知られる老舗旅館・茅ヶ崎館を舞台に、正反対の性格を持つふたりの女性を中心とした7人の男女の絡み合う恋愛模様を描く。かつての同僚の結婚パーティのために、茅ヶ崎の老舗旅館にやってきた花梨と真紀。旅館の大学生をもてあそぶ奔放な性格の花梨に、生真面目な性格の真紀は苛立ちを隠せなかった。そんな真紀も大学時代に好意を抱いていた教授との偶然の再会に心をときめかしていた。

原題:3泊4日、5時の鐘 / 製作:日本・タイ(2014年) / 日本公開日:2015年9月19日 / 上映時間:89分 / 製作会社: / 配給:和エンタテインメント、オムロ

【無料動画】

とある結婚パーティーで…!映画『3泊4日、5時の鐘』予告編

(C)Wa Entertainment, Inc.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

いろいろな悩みを抱えながら懸命に前を向いて生きようとする人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用するのが良いです。レンタル店でDVDを借りるのでも問題ないですが、ネット配信ならばさらにスピーディに動画を観るのに苦労しません。パッケージディスクを手にしてしまったあとに配信に気づくことのないように事前にしっかり下調べしておきましょう。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「3泊4日、5時の鐘」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『3泊4日、5時の鐘』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:三澤拓哉
脚本:三澤拓哉
撮影:上野彰吾

★【キャスト】
小篠恵奈、杉野希妃、堀夏子、中崎敏、栁俊太郎、福島珠理、二階堂智

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.4/5.0???/5.003.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
監督と脚本を手がけた三澤拓哉が育った神奈川・茅ヶ崎市の全面協力のもと制作されたご当地映画。舞台となった創業115年以上の歴史を持つ茅ヶ崎館は小津安二郎が脚本執筆のため利用していた定宿としても知られていて、そうした背景を知っているとより楽しめる。シロス国際映画祭最優秀作品賞などを受賞し、評価も高いが、いかんせんマイナーなので、あまり鑑賞した経験のある人は少ないはず。隠れた良質な邦画を見たいならおすすめだ。
●映画フリー 
本作のロケ地である茅ヶ崎市は自分の住んでいる場所なので、エンドクレジットで、撮影されたスーパーや店の名前が出る度に「あ、あそこか!」となります。こういう体験ができる人は滅多にいないと思いますけど。物語自体は非常にミニマム。地域映画だから当然ですが。内心イラついていたり小馬鹿にしていたりするのに表面上は何事もないように進行していく、忖度してばかりのコミュニーケーションの気まずさや滑稽さが印象的です。
●BILIBILI 
自分好みの映画でした。予告を観たときから感じていたのですよね。冒頭から軽めの音楽で、全体的にもライトな演出なので気楽に見られるでしょう。老舗の旅館のシーンはやっぱり良い味わい。女性4人、男性3人の登場人物の三角関係や喧嘩シーンなどは面白く、ユーモアもたっぷり。派手なことはほとんど起こらないですが、それでも伝わる面白さの理由は人間の心情や行動の滑稽な部分がしっかり描けているからだと思います。
●PARAVI  
今作の監督、三澤拓哉さんは撮影当時26歳というから畏敬の念。女の子はいくつになっても縄張を争うものです。滑稽でもね。今作ではエグゼクティブプロデューサーも務める杉野希妃さんの美しさ、これも好き。カリンを問い詰める長回しが上手い。監督がウディ・アレンを敬愛しているというのも頷けるセンス。「娯楽というよりはアート系の映画が好きでしょ」ってセリフが、きっと監督の本質を表す、弄ぶようなメッセージなのだろうな。