現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

欲動(2014)

男女はそれでもつながろうとする

映画『欲動』のフル動画を無料視聴する手段を紹介中! 詐欺&騙しサイトは無し。
今すぐ『欲動』の動画リンクへ。

アジアを舞台に活躍する女優・杉野希妃がメガホンをとった監督作品。インドネシア・バリ島でオールロケを敢行し、病に苦しむ夫とその妻の姿を通して男女の性愛と人間の生死を感情的に描いた。エグゼクティブプロデューサーは重村博文と藤本款、プロデューサーは小野光輔と山口幸彦。三津谷葉子が妻を、斎藤工が、不治の病に冒され、死への恐怖から不安定になっていく夫をかつてないほどに繊細に演じた。

原題:欲動 / 製作:日本(2014年) / 日本公開日:2014年11月22日 / タイム:97分 / プロダクション: / 配給:太秦 

映画『欲動』予告編

©2014『欲動』製作委員会


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】
LINK9【Gyao】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼Hulu(2週間無料)
海外映画のラインナップはナンバーワン級の多さ。新作・旧作関係なく、全てが見放題。迷いません。大人から子供まで楽しめます。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▼Netflix(1か月無料)
▼Gyao(登録必要なし)

▼『欲動』の無料動画は見れる?▼

人間の内側に潜む喜怒哀楽などの感情をそのままストレートに描き出した作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は動画サイトと同じと考えてもいいです。自分の観たい作品を探して視聴するだけ。ちゃんと公式のものしかないので、迷うこともありません。つまり、安全安心の環境の整った持ち運べる映画館みたいなものです。

失望することはありません。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法サイトは使ってはいけません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

GOODな作品からGREATな作品までVODは勢揃い。その充実さは一度味わえばもはや離せないです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者の「これを観たい」と熱望する作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「欲動」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

『欲動』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『欲動』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:杉野希妃
脚本:和島香太郎
撮影:シディ・サレー
音楽:富森星元

★俳優
三津谷葉子、斎藤工、杉野希妃、コーネリオ・サニー、トム・メス、高嶋宏行、松崎颯

★『欲動』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
2.8 ??? 2.7
フリムビ2推奨度
C(まあまあ)

★『欲動』の反応

●Mコメンテーター
バリの自然や文化、あの雑踏とした街が、人間の素直な欲をさらに奥から掬い取って浮き彫りにしている。それが合わさって、あまり見たことのない不思議な雰囲気を醸し出す映画に仕上がったのでしょう。飾るわけでも、人生って素敵って謳歌するわけでもない。人間は生きて、死んでいく、そんなような当たり前のサイクルを改めて気づかせてくれる。女性監督があまりにも不毛な日本で、辛抱強く映画に取り組む姿勢を買いたい。それは確実にだ。
●Cレポーター
良くも悪くも、女性のエゴで作られた偏った映画だと思う。だからこそ、同性としては観ていて痛いし、独特の心地よさも堪能できるのだろう。日本ではない風景が美しい、インドネシア独特の祭りが新鮮、その踊りの時の音楽もなかなか聴けない印象、そして何より人間同士の営みの描き方が素晴らしい。劇中のセリフもなかなか良い。人の内面を決して美化することなく、かといって無駄に卑下することもない。あるがままの描写が気に入りました。
●Sアナリスト 
バリにやって来た夫(斎藤工)が妻(三津谷葉子)に言う「おまえのその『死に慣れてる感じがイヤ』なんだよ」は印象的に響く。また、妻(三津谷葉子)が「(夫が居なくなると言っているときに)居なくなるって何だろう?」と呟けば、現地の男は「居なくなるというのは自然なことだよ」というのも、人間の真理をすんなりと突いてしまう言葉だと思った。人は誰かを求めている、それはいつもの交錯する人生の積み重ねだからなのかもしれない。
●VIDEOEYNY
斎藤工のビジュアル・ムービーですといっても過言ではないし、実際そんな意識で見ている人が多いのじゃないかな。バリの雰囲気と斎藤工のラフな雰囲気がマッチしていたあたりは本当に鑑賞用の目の保養映像でした。絡みシーンが長すぎてAVかと思うくらいだが、AVと違うのはポルノ的な露骨描写はないという部分。本能のままのセックスと、艶めかしい性を描く。ラストに関しては、とくに作り手も何かを言及する気はないのでしょうか。