人魚姫(2016)

チャウ・シンチーが描く独創的すぎる人魚姫物語

映画『人魚姫』のフル動画を無料視聴する手段を紹介中! 詐欺&騙しサイトは無し。
今すぐ『人魚姫』の動画リンクへ。

コメディ王でユニークな作品を次々と生み出すチャウ・シンチー監督がおくる人魚姫を斬新な設定で再解釈したファンタジー・アクション・ロマンス。本国ではハリウッド大作映画を上回り、公開から2週間で4億1500万ドル(約466億円)という、中国史上最高の興行収入を記録。人魚は人間の知らないところで生きている。リゾート地開発のため、海の環境を破壊し美しい海沿いを埋め立てようとする若き社長リウ・スアン。その姿勢は猪突猛進で利益のためなら手段は問わない。その場所には実は人魚が暮らしていた。人魚のシャンは、海を守るため、人間になりすまし地上に出て彼を誘惑し暗殺しようとする。しかし、上手くはいかない。それどころか時間をともに過ごし、さまざまな会話を交わした2人は、やがてコミュニケーションを超えて強い信頼で惹かれ合うようになる。だがそこに、リウの元彼女でありビジネス・パートナーのルオランが現れ…。

原題:美人鱼(Mei ren yu) / 製作:中国・香港(2016年) / 日本公開日:2017年1月7日 / タイム:94分 / プロダクション:China Film Group、Edko Films / 配給:ツイン / 製作費:6000万ドル / 興行収入:5憶5300万ドル

『人魚姫』予告編

(C) 2016 The Star Overseas Limited


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼dTV(31日間無料)
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『人魚姫』の無料動画は見れる?▼

独創的な設定で観客をワクワクさせるエンターテインメントはじゅうぶん満足できるでしょう。そんなエネルギッシュな映画をフルビデオでシネマ体感するなら、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。レンタル店でDVDをを探すのは時代遅れ。今ではネット配信でいつでも好きなタイミングで動画を見つけるのがスタンダードになりました。動画自体は簡単に再生でき、視聴メディアも選ばないので、忙しい現代人にも馴染みやすいのが嬉しいです。

しかも、フリーお試しは嬉しいです。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。

違法サイトは使ってはいけません。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信スタートする新鮮な作品から、終了するものまで実にガラリと変わってしまいます。「人魚姫」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が記録されたサービスをレコメンドしてバナーで掲示しています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

字幕でも吹き替えでもオールオッケー。その形態はサービスによって異なるのですが、片方だけのものもあれば、両方から選択できる場合も。中には英語字幕をチョイスできたりもするので、語学学習に使う人もいます。「人魚姫」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「人魚姫」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。意外に簡単に解決するかもしれません。

『人魚姫』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『人魚姫』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:チャウ・シンチー(関連作品:『西遊記 はじまりのはじまり』)
脚本:チャウ・シンチー

★俳優
リン・ユン、キティ・チャン、ダン・チャオ、チャン・ヒンカイ、チャウ・シンチー、フォン・チーチャン、アイヴィー・コング、サミー・ツァン

★コメント
・チャウ・シンチー監督「“もし地球上に1滴もきれいな水がなく、一口分のきれいな空気もなかったとしたら、いくらお金があっても何の役にも立たない”と僕は信じています。我々は地球の環境を大切に守っていかなくてはなりません」

★『人魚姫』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.3 93% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.5 3.83 3.5
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『人魚姫』の反応
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑鋭い批評が炸裂。

●Cレポーター  
タコでこんなにも笑わせてくる映画はなかなか見られるものじゃない。子どもだったらバカ受けレベルの超くだらないギャグだが、正々堂々とやられると大人でも口元が緩んでしまう。チャウ・シンチーの笑いのセンスは今作でも健在だった。いや、磨きがかかっている。もしチャウ・シンチー監督作が初めてという人は安心してほしい。誰でも見られる映画なので。ただ、少々暴力描写が漫画的なくらい過剰な時があるが、それはいつものことである。
●Sアナリスト 
さすがチャウ・シンチー監督。ストーリー展開は読めるのに、想像の斜め上を行っているので常に新鮮な気分で飽きない。人間と人魚が恋愛するところはベタな少女コミックかと思うくらいなのに、その後の人魚虐殺シーンとの温度差すごい。満遍なく織り込まれる顔芸が笑えるし、わかりやすくサックリ短く終わるのもよかった。いろいろと社会問題への風刺もあるのだけど、最終的にはタコ兄が全部持っていくくらいの映画の印象になってしまうのでした。
●SPACEMOV  
あのぶっとんだ映画「少林サッカー」「カンフーハッスル」のチャウ・シンチー監督が、人間界と人魚界という異なる世界に住む男女のロマンスを描く。当然、普通の映画になるわけがない。現代版リトルマーメイドと呼ぶには、あまりにも乱暴で滅茶苦茶。まず冒頭からとてつもなく汚らしいよくわからない小芝居を見せられる謎展開。そこからの人魚登場の意外性。人魚たちも絶妙にリアルなのが夢がなくて面白い。最後はちゃんと良い話風で終わるのも…。