インサイド・ヘッド

インサイド・ヘッド

号泣間違いなし!ピクサーが贈る頭の中を描いた不思議な物語

人間が抱く「感情」を主人公に描いたピクサー・アニメーションの長編作品。ミネソタの田舎町で明るく幸せに育った少女ライリーは、父親の仕事の都合で都会のサンフランシスコに引っ越してくる。新しい生活に慣れようとするライリーを幸せにしようと、彼女の頭の中の司令部では「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」の5つの感情が奮闘していた。しかし、ある時、カナシミがライリーの大切な思い出を悲しい思い出に変えてしまう。慌てて思い出を元通りにしようとしたヨロコビだったが、誤ってカナシミと一緒に司令部の外に放りだされてしまう。ヨロコビは急いで司令部に戻ろうと、ライリーの頭の中を駆けめぐるのだが…。

原題:Inside Out / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開日:2015年7月18日 / 上映時間:94分 / 製作会社:Pixar Animation Studios / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費:1億7500万ドル / 興行収入:8億5700万ドル

【無料動画】

映画『インサイド・ヘッド』最新予告編

(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【Hulu×】
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket×】
VOD7【dTV×】
VOD8【au-Video×】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

独自の設定で観客を驚かせるような映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信であればレンタル店でDVDを借りるよりも容易に動画にありつけます。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという記録もあり、まだ使っていない人でもハードルが低いので、試すのは難しくありません。今日から映画三昧な日々をおくれます。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「インサイド・ヘッド」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。俳優の生の演技の声をそのまま眺めたいのならば、字幕もいいですが、映像と文字を追いかけるのは大変だったりします。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい面白さの発見につながるかもしれません。

家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「子どもに見せられない作品が表示されたら、どうしよう?」という問題です。しかし、その点は親切機能でカバーできます。ファミリーアカウントを活用すれば、R指定作品(R18・R20)や成人向けコンテンツを表示しないことも可能。また、複数アカウントで同時再生できるので、ひとりはスマートフォンで、もうひとりはノートパソコンで、別のひとりは大型テレビで、同時に別作品を鑑賞もできます。喧嘩もせずに平和に楽しみを分かち合いましょう。

『インサイド・ヘッド』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ピート・ドクター
脚本:ピート・ドクター、メグ・レフォーブ、ジョシュ・クーリー
音楽:マイケル・ジアッキノ

★【キャスト】
エイミー・ポーラー、フィリス・スミス、ルイス・ブラック、ミンディ・カリング、ビル・ヘイダー、リチャード・カインド、ケイトリン・ディアス、カイル・マクラクラン、ダイアン・レイン、ジョシュ・クーリー、ジョン・ラッツェンバーガー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.2/1098%94
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.7/5.03.66/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
S(必見の傑作)

★【受賞】
第73回ゴールデングローブ賞でアニメ映画賞を受賞。

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画フリー  
感情がキャラクターとして形づくられているのが面白い。頭の中をこうも面白みのある世界で作り上げるとはさすがピクサーのなせる素晴らしいクリエイティブ。夢の製作所や、記憶の消えて行く様子など頭の中の細かい描写を作り込んでいるのが好き。これはライリーが少し成長するまでの物語で、多感になったがゆえに様々な感情が混ざった思い出の玉が出来上がったのだろう。まさに子供の成長のステージを巧みに映像化した秀逸な作品だった。
●STREAMIN 
さすがピクサー、独創的な発想が面白い。ストーリーはさておき、感情と記憶と性格があのイメージで結び付いているっていう世界観が良かった。序盤で独自の世界観設定を非常にわかりやすい手際で見せていき、本来は複雑な感情の動きを必要最小限の要素で物語に変える。本作を観てこんな感情は単純じゃないという人がいるが、そんなこと作り手もわかっている。それをここまでシンプルにしてエンタメに成立させているのが凄いのである。
●CRUNCHYROLL  
脳内の感情をこうやってキャラクター化するというアイディアはこの映画が初ではない。実は大昔にディズニーが似たような設定の短編アニメを作ったりしている。他にも類似の作品はいくつもある。でも、ここまでのクオリティで完成された物語を生み出した前例はない。だからこそこの映画が脚本賞にノミネートされたりするわけだ。子ども目線に見えて実は大人に突き刺さる話になっているのは少し「トイ・ストーリー」っぽいなと思う。
ピクサー

★【ピクサー制作アニメ映画 を総復習!】

  • 第1作『トイ・ストーリー』(1995年)
  • 第2作『バグズ・ライフ』(1998年)
  • 第3作『トイ・ストーリー2』(1999年)
  • 第4作『モンスターズ・インク』(2001年)
  • 第5作『ファインディング・ニモ』(2003年)
  • 第6作『Mr.インクレディブル』(2004年)
  • 第7作『カーズ』(2006年)
  • 第8作『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
  • 第9作『ウォーリー』(2008年)
  • 第10作『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
  • 第11作『トイ・ストーリー3』(2010年)
  • 第12作『カーズ2』(2011年)
  • 第13作『メリダとおそろしの森』(2012年)
  • 第14作『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
  • 第15作『インサイド・ヘッド』(2015年)
  • 第16作『アーロと少年』(2015年)
  • 第17作『ファインディング・ドリー』(2016年)
  • 第18作『カーズ クロスロード』(2017年)
  • 第19作『リメンバー・ミー』(2017年)
  • 第20作『インクレディブル・ファミリー』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする