デビルズ・ノット

デビルズ・ノット

史上最悪の冤罪事件を映画化

1993年にアメリカで実際に起こった未解決事件で、逮捕された3人の少年に対する史上最悪の冤罪事件とも言われる「ウェスト・メンフィス3事件」を、関係者の視点からスリリングに描いた群像劇。「スウィート ヒアアフター」「アララトの聖母」などで知られるカナダの名匠アトム・エゴヤンがメガホンをとり、コリン・ファースとリース・ウィザースプーンが主演した。93年初夏、米アーカンソー州ウェスト・メンフィスで、児童たちが無残に殺される猟奇殺人事件が発生する。事件当日の不審者目撃情報が相次ぐものの、いずれも決め手に欠け、押し寄せたメディアによって報道は過熱。小さな田舎町の住民たちは、次第にパニックに陥っていく。やがて警察は16~18歳の若者3人を犯人と断定し、逮捕するが、そこに不自然さを感じた私立探偵のロン・ラックスは独自に調査を開始。一方、被害者のひとりの母親パムも、裁判を通して浮上したさまざまな矛盾に動揺していた。

原題:Devil's Knot / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開日:2014年11月14日 / 上映時間:114分 / 製作会社:Worldview Entertainment / 配給:キノフィルムズ

【無料動画】

『デビルズ・ノット』予告編

(C)2013 DEVILS KNOT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスはそれだけの面白さがあります。そんなスリル満載の映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを活用しましょう。レンタル店でDVDを借りる場合だとどうしても店に行く必要があったり、貸し借りの煩雑な作業もでてきたりします。そんなときはウェブサイトにアクセスして視聴するだけの動画サイトと基本は同じこちらのサービスのほうが圧倒的に便利で、有利に使えます。

「有料だからな…」とガッカリしないでください。無料でお試しができるキャンペーンがあるので心配無用です。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「デビルズ・ノット」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フリムビ2は無意味な誘導リンクはゼロです。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

『デビルズ・ノット』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:アトム・エゴヤン
脚本:ポール・ハリス・ボードマン、スコット・デリクソン
撮影:ポール・サロシー
音楽:マイケル・ダナ

★【キャスト】
コリン・ファース、リース・ウィザースプーン、デイン・デハーン、アレッサンドロ・ニボラ、ブルース・グリーンウッド、エイミー・ライアン、ミレイユ・イーノス、ジェームズ・ハムリック、セス・メリウェザー、クリストファー・ヒギンズ、イライアス・コティーズ、スティーヴン・モイヤー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.1/1023%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.1/5.0???/5.003.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画FUN 
1993年にアメリカで起きた未だ真相のわからない未解決の男児3人殺害事件を基にされた作品。本来の事件がこういう状態になっているだけあって、映画を見てもモヤモヤするばかりでスッキリしたい人はそもそも場違いである。本作の本質はいかに人間が雑だらけであやふやで、それでいて自分の意識に自惚れているかを理解することにあるのではないだろうか。これを観てイライラするという人は正しい反応だ。人間の欠陥がよくわかる映画なのだから。
●OPENLOAD 
いつの時代も風変わりというか枠から外れてるヤツはこういう目の向け方をされるのかっと思ってゾッとした。哀しいですが、これが現実なのですよね。警察のことを信用できなくなるし、社会不信にだってなる。「人が人を裁くことの難しさ」について考えさせられると同時に、私たちがふだんテレビやネットで見ている事件の捜査を間違っているのではないかと疑いたくなります。冤罪が怖いのはそれが起こっている最中は当人以外気づいていないことです。
●DAILYMOTION
テレビ番組の特集で事件はある程度知っていたので、終わり方も予想の範囲内でした。それにしても1990年代、犯罪プロファイリングやDNA鑑定の精度の良さは一定の評価がされていると勝手に思ってただけに、警察や世の中はこんなものだったことにいささかショックです。結局はどんなに精巧な技術や専門的手法があっても、それを使う側のモラルの問題でしょうか。「悪魔崇拝やヘヴィメタル=悪」という決めつけは、「オタク=悪」と同じものですね。