キック・アス(1作目)

クロエ・グレース・モレッツのブレイク作

映画『キック・アス』のフル動画を無料視聴する手段を紹介中! 詐欺&騙しサイトは無し。
今すぐ『キック・アス』の動画リンクへ。

『キングスマン』を手がけたマシュー・ボーン監督が、マーク・ミラー原作の人気コミックを映画化し、当時まだ無名だったクロエ・グレース・モレッツの人気に火をつけることになったヒーローアクション。製作総指揮にはピエール・ラグランジェ、スティーブン・マークス、マーク・ミラー、ジョン・S・ロミタ・Jr.などが名を連ねる。ニューヨークに住む冴えないオタク少年のデイブは「誰もがスーパーヒーローを好きなのに、なぜ、誰もスーパーヒーローになりたがらない?」と思い立ち、その不満をため込む。そして、自分がその先陣を切ることを思いつく。何の特殊能力も持たないまま、ひとりコスチュームを着てスーパーヒーロー「Kick-Ass(キック・アス)」になる。だが、正義の味方として悪者を退治するのは骨の折れる仕事で、全然上手くいかないし、かなり痛いことだらけ。やがて、傷だらけになりながらもキック・アスとしての地味な活動を続けるデイブの前に、同じ稼業のビッグ・ダディとヒット・ガールが現れる。

原題:Kick-Ass / 製作:イギリス・アメリカ(2010年) / 日本公開日:2010年12月18日 / タイム:117分 / プロダクション:Marv Films / 配給:カルチュア・パブリッシャーズ / 次作:『キック・アス ジャスティス・フォーエバー

映画『キック・アス』予告編

(C)KA Films LP. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV
LINK9【Gyao】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼Gyao(登録必要なし)

▼『キック・アス』の無料動画は見れる?▼

公開当時から魅力的な世界観とキャラクターで絶大な人気を集めた作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなエネルギッシュな映画をフルビデオでシネマ体感するなら、動画配信サービスを利用するといいでしょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、まだという人でも今からでもすぐに始めることが可能。動画サイトと基本は同じで、配信の確認をするだけなので、ウェブサイトにアクセスして下調べをするのみです。

お金の心配はそこまで必要はないです。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法サイトは使ってはいけません。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「キック・アス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

字幕でも吹き替えの悩みはこれで終わり。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「キック・アス」の面白さの発見につながるかもしれません。

動画再生の安定度は気になる部分ですが、安易にサービスのせいだと決めつける前に、まずは自分の通信品質も疑ってみましょう。「キック・アス」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。意外に簡単に解決するかもしれません。

『キック・アス』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『キック・アス』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:マシュー・ボーン
脚本:ジェーン・ゴールドマン、マシュー・ボーン
撮影:ベン・デイビス
音楽:ジョン・マーフィ、ヘンリー・ジャックマン、マリウス・デ・ブリーズ、イラン・エシュケリ

★俳優
アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、マーク・ストロング、オマリ・ハードウィック、リンジー・フォンセカ、ザンダー・バークレー、マイケル・リスポリ

★『キック・アス』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.6 75% 66
映画.com Yahoo! Fm
3.9 4.19 3.8
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『キック・アス』の反応

●Mコメンテーター
主人公のキャラを食ってしまうほどクロエ・グレース・モレッツが演じているヒットガールの存在感が魅力的。彼女のもともとの幼い顔立ちが若干年齢を幼く見せて、その姿で暴力・残酷をいとも簡単にやってのける。そんな大活躍っぷりに全世界のロリコ…いや、根強い支持者を熱狂させたのも理解できます。バイオレンスなのに日本人受けしやすいルックですし、アメコミが苦手な人でも見やすいでしょう。ヒットガールに心をガッツリ掴まれてください。
●OPENLOAD 
マシューヴォーンはグロさ無しに人を殺すことができない。しかも音楽にのせてポップに殺しまくりなのがデフォルト。このスタイルを確立した時点で勝ちだと思う。本作ではあどけない少女が可愛くらしく下品ワードを連発してグサグサと殺す。この作品にリアリティを求めて批評する人はまさか居ないと思うので、終始飽きずに楽しめるアクションムービーとしてはかなり良質で、気軽に鑑賞できる。強くて可愛らしい女の子の活躍を是非とも観て欲しい。
●Bジャーナリスト  
父親的存在と少女が銃や武器を手にして戦う。そういう映画はたくさんある。この「キックアス」がそれらとはひとつ違うことといえば、その暴力性を嘘偽りなく描いていることだ。つまりヒーローといえどもやっていることは暴力だよねという現実だ。しかし、それをノリノリな音楽でオブラートにくるめば皆気にしない。そんな私たち観客の都合のよさまでも予測してエンタメにしている、実に頭の良い映画だと思う。意外とバカな映画ではないのだ。