タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密

スピルバーグが贈るアドベンチャー・アニメ

世界各国を飛び回る少年記者タンタンと、相棒の白いフォックステリアのスノーウィが繰り広げる冒険を描き、世界中で親しまれているベルギーの漫画家エルジェによる「タンタンの冒険旅行」を3D映画化。スティーブン・スピルバーグがメガホンをとり、ピーター・ジャクソンが製作を務める。17世紀に洋上でこつ然と消えた帆船「ユニコーン号」の模型を偶然手にしたタンタンが、模型のマストに隠された暗号を解きユニコーン号の財宝を手に入れようとする者たちに追われながら冒険に出る姿を描く。

原題:The Adventures of Tintin: The Secret of the Unicorn / 製作:アメリカ(2011年) / 日本公開日:2011年12月1日 / 上映時間:107分 / 製作会社:Nickelodeon Movies / 配給:東宝東和

【無料動画】

映画『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』予告編(吹き替え)

(C)2011 Paramount Pictures. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

独創的な設定で観客をワクワクさせるアドベンチャー大作はそれだけで見ごたえがあります。そんなエンターテインメント性抜群の映画をお得に見るなら、動画配信サービスを上手く活用するのが良いです。レンタル店でDVDを借りることはすでに時代遅れ。今ではネット配信が主流。DVDと遜色のないハイクオリティな映像を楽しめるので、とくに難しく考える必要はありません。スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、ゲーム機器と自由自在に選択可能。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フリムビ2では質の高い情報を掲載しています。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。DVDやブレーレイであればどちらも用意されていることが多いですが、VODでも整備されているものがあります。その形態はサービスによって異なるのですが、片方だけのものもあれば、両方から選択できる場合も。中には英語字幕をチョイスできたりもするので、語学学習に使う人もいます。映画によって字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。無線LANを利用している人は視聴端末をルーターに近づけるか、無線LANの電波を強化するようなシステム(中継機の活用がベスト)を用意するのが良いです。別の特定の無線チャンネルの通信が不安定になっている可能性もありうるので、無線チャンネルを変更するのも効果的な手です。

『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:スティーブン・モファット、エドガー・ライト、ジョー・コーニッシュ
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★【キャスト】
ジェイミー・ベル、アンディ・サーキス、ダニエル・クレイグ、ニック・フロスト、サイモン・ペッグ、トビー・ジョーンズ、マッケンジー・クルック、トニー・カラン、ジョー・スター、エン・リーテル、キム・ステンゲル、ガッド・エルマレ、ダニエル・メイズ、ケイリー・エルウィス

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.3/1074%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.3/5.0???/5.003.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
あのスピルバーグがついにデジタルCGアニメを手掛ける。これも時代? しかし、アメリカ本国では、原作のタンタンの知名度が低く、興行的には残念な結果に。ヨーロッパではそれなりにヒットしたものの、日本でもあまりパッとしなかったように記憶している。実際の内容は非常にクオリティの高いアニメーションである。さすが巨匠のスピルバーグ。エンタメをやらせても、アニメでも、基本は上手い。実力はどの分野でも発揮できるものなのである。
●DAILYMOTION 
名監督が最新技術を使うと今まで観たことないような大胆なカメラワークやド派手アクションシーンのつるべ打ち。クライマックス付近のバイクチェイスシーンなんて、よくぞここまで作ったと拍手したいぐらいの派手さ。インディージョーンズを彷彿とさせます。大人気のエドガーライトも脚本を共同執筆したことで、ストーリーのテンポも軽やかで良い。キッズ向け映画と思ってノーマークだった自分を憎みたい。映画に偏見を持つものじゃないなぁ。
●CRUNCHYROLL 
「ティンティン」じゃないよ、「タンタン」ですよ。ふざけるのはそのへんにして真面目な良作です。主人公のビジュアルがタンタンとは似ても似つかないのに、ちゃんとそこを踏まえて演出を用意しているのが気が利いている。こういうサポートがあることが大事なんですよ。日本の映画界もそこをわかってほしいところ。魅力的なキャラとハラハラドキドキの冒険さえあれば十分という感じで、原作の要素をしっかり揃えている。やはり巨匠は違うのだ。
スピルバーグ

★【スティーヴン・スピルバーグ監督作 を総復習!】

  • 『激突!』(1971年)
  • 『続・激突! カージャック』(1974年)
  • 『ジョーズ』(1975年)
  • 『未知との遭遇』(1977年)
  • 『1941』(1979年)
  • 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981年)
  • 『E.T.』(1982年)
  • 『トワイライトゾーン 超次元の体験』(1983年)
  • 『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984年)
  • 『カラー・パープル』(1985年)
  • 『太陽の帝国』(1987年)
  • 『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(1989年)
  • 『オールウェイズ』(1989年)
  • 『フック』(1991年)
  • 『ジュラシック・パーク』(1993年)
  • 『シンドラーのリスト』(1993年)
  • 『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』(1997年)
  • 『アミスタッド』(1997年)
  • 『プライベート・ライアン』(1998年)
  • 『A.I.』(2001年)
  • 『マイノリティ・リポート』(2002年)
  • 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2002年)
  • 『ターミナル』(2004年)
  • 『宇宙戦争』(2005年)
  • 『ミュンヘン』(2005年)
  • 『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』(2008年)
  • 『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』(2011年)
  • 『戦火の馬』(2011年)
  • 『リンカーン』(2012年)
  • 『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015年)
  • 『BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(2016年)
  • 『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』(2017年)
  • 『レディ・プレイヤー1』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする