イット・フォローズ

イット・フォローズ

「それ」をうつされたら、逃げるしかない

捕まった者に死が訪れる謎の存在=「それ」に付け狙われた女性の恐怖を描いたホラー。低予算ながら斬新なアイデアでクエンティン・タランティーノから称賛され、全米で話題を呼んだ。ある男と一夜を共にした19歳の女子大生ジェイ。しかしその男が豹変し、ジェイは椅子に縛り付けられてしまう。男はジェイに「それ」をうつしたこと、そして「それ」に捕まったら必ず死ぬことを彼女に告げる。「それ」は人にうつすことができるが、うつした相手が死んだら自分に戻ってくるという。ジェイは刻一刻と迫ってくる「それ」から逃げ延びようとするが…。

原題:It Follows / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2016年1月8日 / 上映時間:100分 / 製作会社: / 配給:ポニーキャニオン / 製作費:200万ドル / 興行収入:2060万ドル

【無料動画】

死ぬまで憑いてくる恐怖!映画『イット・フォローズ』予告編

(c)2014 It Will Follow. Inc.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

独特な設定と謎めいた演出で観客の注目を集めた作品はそれだけで面白いものです。そんなスリルとミステリー満載の映画をお得に観るなら、動画配信サービスを利用するのが良いでしょう。これらのサービスは2種類のタイプがあり、ひとつは単体作品ごとにレンタルするものです。もうひとつは対象作品が見放題になるもので、月額や年額で利用します。作品によってパターンが違うので、事前にしっかり確認しておくと混乱がないでしょう。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しトライアルコースというお得なメリットがあります。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「イット・フォローズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フリムビ2は無意味な誘導リンクはゼロです。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

『イット・フォローズ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:デビッド・ロバート・ミッチェル
脚本:デビッド・ロバート・ミッチェル
撮影:マイケル・ジオラキス
音楽:リチャード・ブリーランド

★【キャスト】
マイカ・モンロー、キーア・ギルクリスト、ダニエル・ゾバット、ジェイク・ウィアリー、オリビア・ルッカルディ、リリー・セーペ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.9/1097%83
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.03.07/5.003.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】
・町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

●映画フリー  
アイディア勝負の一発ネタなホラーかと思ったら、予想以上に人間ドラマをメインにした作品で、主人公の葛藤が軸になっています。なので単なるワッと脅かしてくるだけの恐怖映画とはちょっとタイプが違います。青春ドラマ的な雰囲気さえもありますから。最終的なラストも人によってはオチがないという人もいますが、わかる人にはちゃんとわかるある幕引きと余韻が残るものになっています。ぜひそのへんをよく注目して鑑賞してほしいですね。
●SPACEMOV  
肝である恐怖演出がとても上手く、ゆったりと動くカメラワークがなんとも嫌な感じで落ち着かせない焦りを誘う。低音や不協和音が効果的に使われていてBGMの挿入も効いている。つまり、総合的な点数の高い良質なホラーになっている。監督のデビッド・ロバート・ミッチェルは間違いなく才能がある人で、今後ともさらなる活躍を見せていってくれそうで楽しみ。ホラーに限らず、様々な分野でのクリエイティブなアクションに期待していきたい。
●DAILYMOTION  
映像は青春アート的でとても儚い印象さえ感じる。自分にしか見えない何かに追われるのだが「それ」の正体は言及しない。監督自身もいろいろとインタビューで言っているので、ネタバレOKなら調べてみるのもよいだろう。さまざまな噂がある中で、意外に監督自身はしっかり答えを設定しているのは面白い。モヤモヤするエンディングだが、その何とも言えない答えの出にくさこそがこの映画で描きたいテーマとシンクロしているのだということである。